smadan

近づく副業解禁、収入以外にもメリット 自分のスキルを見直す機会に


「自分探し難民」が増える社会に向けて


――副業や兼業などの働き方が注目を集める中、日本人の働き方は今後、どのように変化していくとお考えですか?

高橋:副業や兼業、フリーランスといった、近年話題に上がることの多い働き方はもちろん、これまで主流だった終身雇用、また今後出てくるかもしれない新たな働き方も含めて、働き方の選択肢が今まで以上に増え、その中から個々がどう生きていきたいかによって選んでいける世の中になると考えています。長時間労働についても、絶対にだめというわけではなく、たくさん働きたい人は働けば良い。様々な選択肢を受け入れられる制度や環境が整っていけば幸せになる人が増えると思いますね。

――確かに。長時間労働についても、それを止むを得ず強いられている人が多いので問題になっていますが、自由に選べる選択肢のひとつとしてなら問題ないんですよね。選択肢が増えることで不本意な働き方を強いられるひとが減ると良いですね。

高橋:一方、働き方改革が進んで選択肢が増えることの負の側面として、NPO二枚目の名刺の代表は「“自分探し難民”が増えるだろう」とたびたび言っています。そうなった時に二枚目の名刺のような、ひとつの会社にとらわれることのない取り組みが世の中に広がっていれば、何かしらのお役に立てるんじゃないかと。

――最後に、社外での活動に興味を持っている、気になっている方に向けて何かメッセージがあれば。

高橋:本業・本職以外で活動することに対して、もしも少しでも興味があるのであれば、まずは気構えずに実際にやっているひとに会いに行ってみたり、イベントに足を運んでみたりするのが良いと思います。最初はみんな悩みながらですが、最初の一歩を踏み出したら一気に面白くなりますよ。

(辺川 銀)
編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る
お買いものリンク