BUGY CRAXONEが20周年記念ワンマンを開催 「今日を経たことで来月から抜群にカッコいい」

BUGY CRAXONEが20周年記念ワンマンを開催 「今日を経たことで来月から抜群にカッコいい」
BUGY CRAXONEが11月19日(日)、渋谷CLUB QUATTROにて『20周年ワンマン“100パーセントナイス!”』を開催した。1997年に北海道札幌市で結成され、1999年にメジャーデビュー。その後自主レーベルでのインディーズ活動、メンバーチェンジなど、紆余曲折ありながらも止まることなく走り続けてきたロックバンドの20年の生き様を、これでもかというくらい見せつけた。

定刻を少し過ぎると、客電が落ち、SEが鳴る。リズムに合わせて頭上高らかにクラップするフロアいっぱいの“ナイスちゃん”(=ファンの総称)がメンバーを盛大に迎え入れる。「元気かー? 楽しんでいこうぜー!」すずきゆきこ(Vo)が叫ぶ、クラップの軽快なリズムを受け継ぎながら、「ハレルヤ」が始まった。後方まで埋まった会場を隅々まで見渡し、満面の笑みを浮かべながらすずき嬉しそうに歌う。そんな彼女を前に、10~20代からメンバーと同世代、そしてもっと上の世代も……幅広いナイスちゃんたちが手をかざし、ともに歌う。「ドアタマからボルテージを上げ、会場は熱気に包まれーー」のようなロックバンドとは異なる、あたたかくて、ほっこりしていて、しあわせ感に溢れた、ブージーらしい空間が広がった。

続く「花冷え」「ボクを信じて」と軽快なナンバーのあと、「よかったぁー、できたぁー、クアトロー」と思わずこぼれたすずきの声にフロアから暖かい拍手が送られる。「ホントに、ありがとう。ホントに! ……まだこの後なげーから(笑)」 鳴り止まぬ拍手と捲き起こる“ブージー!”コールを照れくさそうに制すると、「WAHTCH YOUR STEP」へ。先ほどまでとは打って変ってキレのあるリズムにクールなヴォーカルが映えるパンキッシュなナンバー。この緩急のついた振り幅もブージーの魅力だ。

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2017年11月22日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース