review

ゆるキャラグランプリ「終了検討」その真意を考察。改めて、ゆるキャラの役割ってなんだ

日本の晩秋、ゆるキャラの晩秋! というわけで、きのう・きょうと埼玉県羽生市では、毎年恒例の「世界キャラクターさみっとin羽生」が開催されている。

先週末の11月18日と19日には、三重県桑名市のナガシマリゾートの特設会場にて「ゆるキャラグランプリ2017 in 三重桑名・ナガシマリゾート」が開催された。今年のグランプリでは、三重のお隣・愛知県知立市の「ちりゅっぴ」と、千葉県成田市の「うなりくん」が、インターネット投票で接戦を繰り広げ、最終的にうなりくんが見事1位に輝いた。ちりゅっぴも、会場での決戦投票締め切りの19日午後1時まで、会場にて最後まで熱心にPRし、来場者の声援を集めていた。
ゆるキャラグランプリ「終了検討」その真意を考察。改めて、ゆるキャラの役割ってなんだ
表彰式のあと、互いに健闘を讃え合う「うなりくん」(左)と「ちりゅっぴ」

私は19日に会場を訪れたのだが、11月ってこんなに寒かっただろうかと思わせる気温、また突然雨が降ってくるあいにくの天候だった。きっと、会場に集まったゆるキャラたちには人間以上に厳しいコンディションだったに違いない(実際、応急処置として雨除けのビニールを足に穿いたり、体にまとったキャラたちも見られた)。それでもキャラたちは、写真撮影などを求めてくる来場者に快く応じていた。そんな彼らの頑張りに対する天からのご褒美か、表彰式が始まるころには晴れ間が出てきて、各賞の発表直前には空に大きな虹までかかる。まさに祝福と呼ぶにふさわしい、偶然の演出だった。
ゆるキャラグランプリ「終了検討」その真意を考察。改めて、ゆるキャラの役割ってなんだ
表彰式で各賞発表を前に、会場上空に虹が現れた

人気のゆるキャラほど「よく動く」


この日、会場内のステージでは表彰式を前に、各地のキャラのPRタイムが設けられたほか、過去のグランプリで入賞した熊本県の「くまモン」や埼玉県深谷市の「ふっかちゃん」など歴代のレジェンドキャラたちがあいついで登場した。それを見ていて思ったのは、知名度の高いキャラほど「よく動くな!」ということだ。くまモンなど、観客にまんべんなくあいさつするため、ステージを右へ左へと走り回っていた。

この記事の画像

「ゆるキャラグランプリ「終了検討」その真意を考察。改めて、ゆるキャラの役割ってなんだ」の画像1 「ゆるキャラグランプリ「終了検討」その真意を考察。改めて、ゆるキャラの役割ってなんだ」の画像2 「ゆるキャラグランプリ「終了検討」その真意を考察。改めて、ゆるキャラの役割ってなんだ」の画像3 「ゆるキャラグランプリ「終了検討」その真意を考察。改めて、ゆるキャラの役割ってなんだ」の画像4
「ゆるキャラグランプリ「終了検討」その真意を考察。改めて、ゆるキャラの役割ってなんだ」の画像5 「ゆるキャラグランプリ「終了検討」その真意を考察。改めて、ゆるキャラの役割ってなんだ」の画像6
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク