360度丸見えのステージでコブクロが魅せた! 2万人との深い心の交流/レポート

360度丸見えのステージでコブクロが魅せた! 2万人との深い心の交流/レポート

「のんびりとてくてく歩くようなナンバーです」と小渕が紹介した「LIFE」や、風鈴の音から始まるノスタルジックで胸がきゅんとする「夏の雫」など、セットリストの多くが新曲で占めているのも紛れもなく挑戦である。「このツアーは新曲ばかりです。リリース前に聴いてもらえるのもライブの楽しみなんですよね。ライブで聴いて少しでも覚えてもらえたら嬉しい」と小渕は言った。ストリートで磨いてきた耳に残るメロディと言葉、歌声が彼らの原点であり宝物。それをアリーナライブを行えるまでになった今も大切にしていることに胸が熱くなる。

笑いあり涙あり。後半のMCで小渕はこんなことを語り始めた。
360度丸見えのステージでコブクロが魅せた! 2万人との深い心の交流/レポート

「98年に僕らはストリートでスタートしました。あるとき、今の会長のミノスケさんが『屋根のあるところでライブをやらないか』と声をかけてくれました。その頃にはたくさんの人が足を止めて聴いてくれるようになったので、ノートには(ライブを見てくれた人の)連絡先が2000人ほど集まりました。その人たちに会長はライブへの誘いの手紙を書いてくれました。だから、150人ほどのキャパのライブは簡単に埋まると思っていたんです。でも……、実際に集まってくれたのは68人だった。その体験が僕らの原点です」
 
コブクロが誠実に、真摯に歌を作り届け続けられるわけが分かった気がした。

「この曲を届けたくてツアーをしてきた」と小渕が明言する新曲「心」は、そんな彼らの真髄が遺憾なく発揮されていた。青い薄暗がりの中で、切々と歌われる言葉は手放しで楽しいものではない。心をないがしろにしたり、時には心を偽って生きる自分への戒めのようにも聞こえ、大人ほど耳が痛いと感じるかもしれない。だが、その重厚なメッセージをあえてコブクロはライブの核に据えた。単に浮かれるだけではなく、何かを投げかけ考えるきっかけを与える。だから、彼らの歌はいつまでも心に刺さるのだ。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. コブクロ ライブ
  2. コブクロ 曲
エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2017年12月4日の音楽記事
「360度丸見えのステージでコブクロが魅せた! 2万人との深い心の交流/レポート」の みんなの反応 5
  • ちがーう! 通報

    ライブタイトルは 心 です

    5
  • 匿名さん 通報

    素敵なコメントで感動したのですが… タイトルが前回のものです

    1
  • なな桜 通報

    ファイナル参戦できた1人です♡ 読んでて,当日そのまんまを思い出して感動と笑いが瞼に浮かびました(〃ω〃) ありがとうございます!!

    0
  • ♀NO NAME 通報

    凄い感動しました。 LIVEが蘇りました。ありがとうございます。 でも 残念な事にツアータイトルが違ってます 正式は 『KOBUKURO LIVE TOUR 2017 心』です

    0
  • コブファミ 通報

    “TIMELESS WORLD”ではなく “心”ですよ!! 真剣にやって下さい!!

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「コブクロ + ライブ」のおすすめ記事

「コブクロ + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

「コブクロ + 曲」のおすすめ記事

「コブクロ + 曲」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ナオト・インティライミ」のニュース

次に読みたい関連記事「ナオト・インティライミ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース