最近、テレビCMなどでも見かける「デビットカード」。そもそもデビットカードとはどんなもので、どんなメリットがあるのでしょうか? また、クレジットカードとはどう違うのか。また実はカードごとの特徴があり、ポイント還元率や手数料には差があります。この記事ではデビットカードの使い方、仕組みから、オススメのカードまで紹介します。

デビットカードをポイント還元率で徹底比較、おすすめの1枚は?


そもそもデビットカードとは?


デビットカードとは銀行の預金口座と紐付けられた決済用カードになります。一般的には銀行が発行し、このカードで何かを購入すると、代金が即時に銀行の預金口座から引き落とされる、という仕組みになっています。借金はしたくない!という現金派の人にもオススメなのがこのデビットカードになります。

デビットカードのメリット、デメリット


メリット
・JCBやVisaといった国際ブランドの決済機能が付いているため、クレジットカード同様にオンラインや海外でも使える
・銀行から現金を引き出すとATM手数料がかかるが、デビットカードで決済すれば手数料がかからなくなる
・決済金額に応じて、ポイントが貯められたり、キャッシュバックがある
・口座からの即時支払になるため、使いすぎの心配がない
・家計簿アプリと連動させると、簡単にお金の管理ができる

デメリット
・一部で使えない店もあり、特に月額料金の支払いなどができない場合も
・特定の銀行からしか引き落としはできない
・分割払いやボーナス払いなどはできない
・ポイント還元率はクレジットカードの方が高いことも

といった点が挙げられます。なんといっても大きいのは給料日前にATMに並んで、手数料を払って現金を降ろさずに済む点や、ポイントやキャッシュバックがある、という点でしょう。

デビットカードとクレジットカードの違い


デビットカードをポイント還元率で徹底比較、おすすめの1枚は?

JCBやVisaといった国際ブランドの決済を経由することは同じですが、クレジットカードの場合は代金が「後払い」になります。このため、申込みの際にはクレジットカード発行会社による、信用力の調査があります。また「後払い」になるため、使いすぎてしまうのでは、という心配を持つ人が多いようです。

決済する際に暗証番号を入力して使う、というのはほぼ同じです。

おすすめのデビットカード


現在ではネット系銀行や大手銀行など、さまざまな銀行がデビットカードを発行しています。決済用に口座を作るか、はたまた自分が今使っているメイン銀行で作るか、など使い方は様々ですが、ここではポイント還元率やそれぞれのデビットカードの特徴をまとめて比較します。

セブン銀行「デビットカード」


デビットカードをポイント還元率で徹底比較、おすすめの1枚は?

・年会費はもちろん永年無料
・ポイント還元率は基本は0.5%だが、セブン-イレブンでは利用金額の1.5%、7&iグループでは1%のnanacoポイントがたまる
・セブン銀行かんたん通帳アプリ経由でいくら使ったか、といったお金の管理が可能


セブン-イレブンのATMでおなじみのセブン銀行が発行しているのがこのカードです。当たり前ですが、セブン-イレブンをよく利用する人に特にオススメと言えるでしょう。セブン銀行のキャッシュカードも兼ねていますので、セブン銀行のATMで現金を引き出す時の手数料も無料になります。

セブン銀行デビットカードの申し込みはこちら

楽天銀行「JCBデビットカード」


デビットカードをポイント還元率で徹底比較、おすすめの1枚は?

・JCBなら年会費は永年無料。ポイント還元率は100円ごとに1ポイント。楽天市場の買い物はポイント2倍
・Visaブランドも選択可能。VISAの場合は通常のデビットカードは年会費1,029円(税込)、ゴールドデビットカードは年会費3,086円(税込)、ポイント還元率はノーマルが1000円あたりで2ポイント、ゴールドが1000円あたり5ポイントになります。


楽天市場でおなじみの楽天銀行のデビットカードがこちら。JCBブランドなら1%ポイント還元され、クレジットカードとも遜色ない還元率を誇ります。楽天市場や楽天ブックスなど、楽天のサービスをよく利用する人や、ポイント重視の方に特にオススメと言えるでしょう。

楽天銀行JCBデビットカードの申し込みはこちら

ジャパンネット銀行VISAデビットカード


デビットカードをポイント還元率で徹底比較、おすすめの1枚は?

・年会費、発行手数料無料
・ポイント還元率は0.2%(500円につき1JNBスター)
・カードレスVisaデビット機能があり、買い物ごとにカード番号を変更できるサービスも
・ファミマ提携カードもあり、そちらはTポイントがオトクに溜まります


日本初のネット銀行、ジャパンネット銀行が発行しているデビットカードになります。大きな特徴としては、お買い物ごとにカード番号を変更できる(1日5回まで)ネット専用のカードレスVisaデビットサービスが使えるところ。ネットショッピングでカード番号の入力が不安、という方に特にオススメと言えるでしょう。

ジャパンネットVISAデビットカードの申し込みはこちら

三菱東京UFJ銀行「三菱東京UFJデビット」


デビットカードをポイント還元率で徹底比較、おすすめの1枚は?

・初年度年会費は無料、2年目以降は1,080円(消費税込)。2年目以降も一定条件を満たすと年会費が無料になります
・JCBの場合はポイント還元率は0.3%~0.5%相当、VISAブランドの場合は基本キャッシュバック率は0.20%になっています。またVISA/JCBともにそれぞれのブランドに応じた優待キャンペーンが用意されています


大手の三菱東京UFJ銀行が発行しているのがこちらのデビットカード。デビットカードは特定の銀行口座に紐づくため、メイン口座が三菱東京UFJ銀の方はこちらがオススメでしょう。還元率などは少し劣る部分もありますが、やはりメイン口座を変えずに使える、というメリットは大きいポイントです。

三菱東京UFJデビットカードの申し込みはこちら

三井住友銀行デビットカード


デビットカードをポイント還元率で徹底比較、おすすめの1枚は?

・年会費は無料。ブランドはVISAのみ
・0.25%キャッシュバック
・Visa payWaveやiDの加盟店でも利用でき、タッチで決済可能


こちらも大手の三井住友銀行が発行しているのが「三井住友銀行デビットカード」。こちらの特徴としては、iD機能が付与されている点。コンビニやマクドナルド、スーパーやファミレスなどで、タッチで決済が可能です。もちろんiDで利用してもキャッシュバックされます。ポイント還元率では楽天銀行やセブン銀行に少し劣りますが、手間なくキャッシュバックで還元されるのは大きなメリットと言えるでしょう。

三井住友VISAデビットカードの申し込みはこちら

みずほJCBデビット


デビットカードをポイント還元率で徹底比較、おすすめの1枚は?

・年1回以上利用で年会費1,080円(税込)が無料。ブランドはJCBのみ
・利用金額の0.2%がキャッシュバック
・一定額の利用でみずほ銀のATM時間外手数料が無料に


こちらも大手のみずほ銀行が発行しているのが「みずほJCBデビット」。みずほ銀行を普段使っている方にオススメ。キャッシュバック率は0.2%となっています。あわせてみずほマイレージクラブに入会すると、ATM手数料無料などの特典も活用できます。

みずほJCBデビットの申し込みはこちら

Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)


デビットカードをポイント還元率で徹底比較、おすすめの1枚は?

・年会費が無料。ブランドはVISAのみ
・利用金額の0.5%キャッシュバック。預金額などに応じて最大キャッシュバック率2%に
・貯めた外貨預金から、米ドルなどで決済できる


ソニー銀行のデビットカードがこの「Sony Bank WALLET」。0.5%キャッシュバックはVISAデビットの中では高還元率。さらにソニー銀行の優遇プログラムの適用を受ければ、2.0%にアップ可能です。

また貯めた外貨をそのまま使えるのが大きな特徴。あらかじめ外貨預金に外貨を入れておけば、為替レートを気にせず、外貨でのショッピングが可能になります。また外貨で決済すれば、必要な手数料は外貨購入時の為替コストのみで、海外ショッピング手数料はかかりません。

Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)の申し込みはこちら

デビットカード還元率&ブランド比較表


各社の還元率、及びブランドを表にまとめると下記のような形になります。
デビットカードをポイント還元率で徹底比較、おすすめの1枚は?

還元率を優先するか?または普段利用している銀行を優先するか、で検討してみてください!