bit

「西洋版なまはげ」に子どもギャン泣き クリスマスの悪魔・クランプスin板橋

クリスマスのイメージといえばツリーやイルミネーションが華やかで、サンタクロースがプレゼントを持って来る“キリスト教の祝日”というイメージが強いと思う。しかし、本場ヨーロッパのクリスマスはそれだけではないというのだ。

「西洋版なまはげ」に子どもギャン泣き クリスマスの悪魔・クランプスin板橋
クリスマスの悪魔「クランプス」

親の言うことを聞かない悪い子は、クリスマスの日にサンタクロースからプレゼントをもらえないばかりか、クランプスという魔物にお仕置きされてしまうという。しかも悪い子は袋に詰めてクランプスにさらわれてしまうともいわれている。

このクランプス、オーストリアやドイツなどに伝わる伝統儀式で、クリスマスシーズンになるとクランプスの恰好をした人々が、聖ニコラウスの後に続いてパレードをする。

恐ろしいけど人々に愛されているクランプスは、切手にもなったり、『X-MEN:アポカリプス』などを手掛けたマイケル・ドハティによって『クランプス 魔物の儀式』という映画にもなったり、『GRIMM/グリム』などの海外ドラマでもクリスマスの怪物としてたびたび登場していてかなり身近な存在のようだ。

日本でもクランプスが見られる?


「西洋版なまはげ」に子どもギャン泣き クリスマスの悪魔・クランプスin板橋
クランプスは日本でも見ることができる

日本でもクランプスパレードを見ることができる場所がある。しかもイベントの後援には“オーストリア大使館”の名前まであり本格的だ。それは見に行くしかないと向かったのは、東京都板橋区の志村坂上。ところで何故板橋なのか。オーストリアとクランプス、何か関係があるのだろうか?

クランプスパレード主催krampus-japanの吉田さんに聞いてみると、「全く関係は無い」とのこと。このクランプスパレード、そもそもが吉田さんがクランプスに魅せられ始めたものだという。たまたま見ていたテレビ番組で映ったクランプスに衝撃を受け、クランプスのためにオーストリアへ渡り、オーストリア大使館の協力の元、吉田さんの地元である板橋で開催することになったのだという。このクランプス愛、すごい。

あわせて読みたい

  • パリのクリスマスは 150万個の光で包まれる

    パリのクリスマスは 150万個の光で包まれる

  • なまはげも 銀座で秋田を体感

    なまはげも 銀座で秋田を体感

  • 秋田のクチコミ大使って? なまはげ太鼓レポで立候補!

    秋田のクチコミ大使って? なまはげ太鼓レポで立候補!

  • 骨付きチキン入り 豪快な惣菜パン

    骨付きチキン入り 豪快な惣菜パン

  • コネタの記事をもっと見る 2017年12月8日のコネタ記事
    「「西洋版なまはげ」に子どもギャン泣き クリスマスの悪魔・クランプスin板橋」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      これは怖いわ、子供にはトラウマになっちゃうよ

      9
    • 匿名さん 通報

      わ~る~い~ご~はぁ~いねがぁ~!‥とは言わなかったんだろうな。

      6
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース