その歴史と瞬間が生み出したいくつもの奇跡――ACIDMANの20周年記念フェス“SAI”を振り返る

その歴史と瞬間が生み出したいくつもの奇跡――ACIDMANの20周年記念フェス“SAI”を振り返る
11月23日(木・祝)、さいたまスーパーアリーナで開催されたACIDMAN presents『SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI”』、2万人を超えるファンが来場し、伝説とも謳われたフェスのオフィシャルライブレポートが公開された。

「奇跡」という言葉を軽々しく使うのはいかがなものか?

そう常々思っているのだけれど、あれから約一週間が経ってみて、その間何度となく思い返すたびに、やはりあれは奇跡と呼ぶしかないような1日だったなぁとしみじみしている。2017年11月23日、さいたまスーパーアリーナ。ACIDMANの結成20周年アニバーサリーイヤーの締めくくりとして行われた『SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI”』について。

“SAI”が我々に見せてくれたいくつもの奇跡。まず手始めには晴れたことだ。

なんだそんなことか、と思うかもしれないが、当日の朝は土砂降りで、99%の高揚感のなかに1%の憂鬱を抱きながら会場に向かった人も多かったのではなかろうか。屋内で行われるとはいえ、フェスはやはり雨よりも晴れたほうが断然気持ちが良いし、“SAI”には埼玉のキャッチコピー「彩の国」の意味も含まれているだろうから、モノトーンの景色は似合わない。

なんとか止まないかなぁと一縷の望みをかけながら開演の刻を待っていたのだが、流石は昨年の中津川ソーラーで虹をかけたバンド。トップバッターの10-FEETのライブが始まるのと前後して見事に雨が止み、しばらくののちには太陽が顔をのぞかせた。おかげで100%フェスを楽しむモードになれたのはもちろん、屋外のけやきひろばにある、「麺屋一悟」と銘打たれた浦山一悟プロデュースのラーメン店や“SAI”とのコラボビールを販売するcoedoビールをはじめとした飲食スペースを、ストレスなく利用することができたのである。

あわせて読みたい

  • ACIDMAN、20周年2マンツアー最終第3クールがTHE BACK HORNとの共演で幕開け

    ACIDMAN、20周年2マンツアー最終第3クールがTHE BACK HORNとの共演で幕開け

  • ACIDMAN アコースティックライブツアー追加公演にホリエアツシが登場

    ACIDMAN アコースティックライブツアー追加公演にホリエアツシが登場

  • ACIDMAN みんなの貴重な1分1秒を一緒に過ごしてくれてありがとう!/レポート

    ACIDMAN みんなの貴重な1分1秒を一緒に過ごしてくれてありがとう!/レポート

  • ACIDMAN 静と動の起伏あるサウンドで、『有と無』の世界観をさらに拡大してみせたライヴ/レポート

    ACIDMAN 静と動の起伏あるサウンドで、『有と無』の世界観をさらに拡大してみせたライヴ/レポート

  • 気になるキーワード

    エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2017年12月12日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「KEYTALK」のニュース

    次に読みたい関連記事「KEYTALK」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「Dragon Ash」のニュース

    次に読みたい関連記事「Dragon Ash」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ストレイテナー」のニュース

    次に読みたい関連記事「ストレイテナー」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース