ONE☆DRAFT 「ライブで一緒に情熱のキャッチボールをしようぜ!」/インタビュー2

 
ONE☆DRAFT 「ライブで一緒に情熱のキャッチボールをしようぜ!」/インタビュー2

■ONE☆DRAFT/8thアルバム『ENDRUN』インタビュー(2/3)

――インタビュー1より

来年に向かっての布石も打てたアルバムにもなった。ライブでも新しい見せ方ができそう

――サウンド面の新しさに関しては、「Believe」が新鮮でした。歌にオートチューンをかけていたりしますし。

RYO:ここまでオートチューンをかけたのは初めてです。すごく踊れるサウンドにもなっているので、クラブとかライブハウスに映える曲ですね。

――レゲエなテイストの「Sunshine」も、ONE☆DRAFTとして意外とやっていなかった感じじゃないでしょうか?

LANCE:これは“レゲエってこういうイメージだよな”ということを考えながら作りました。僕らのレゲエの曲って、最初に出したミニアルバム『さいごのたまや』くらいしかなかったんですよ。

――<何度も only one>って、TEEさんの「ベイビー・アイラブユー」からの引用?

LANCE:はい。何かレゲエの曲のフレーズを入れたいなと思って考えたんですけど、あいつ以外に仲がいい人がいなかったんです。知らない間柄なのに入れちゃまずいだろうと(笑)。
ONE☆DRAFT 「ライブで一緒に情熱のキャッチボールをしようぜ!」/インタビュー2

――(笑)。新しいアプローチがあると同時に、ONE☆DRAFTの王道とも言うべき「better days」や「Oh My Little Girl」のような切ないラブソングが生まれているのも、今作の聴きどころです。

LANCE:曲を作るきっかけって、やっぱり失恋とか、初恋みたいな恋を体験したタイミングなんですよね。だからラブソングは、思い出を歌うことが多いんです。それとは別で、“もっとこうだったらいいなあ”って想像することは、夢について描く歌になっていきますね。つまり恋愛は過去、夢は未来を描くものになるのが、ONE☆DRAFTらしさなのかもしれないです。

――「Oh My Little Girl」の、<この際 クソみたいなヤツに 騙されて 傷付いて 涙して 君が僕のもとに戻らないかな>っていう部分が印象的です。

LANCE:みんなLINEとかメールを通じて別れた相手に“幸せになってね”とか言っているわけですから、歌でまでそうしなくていいんじゃないかなと(笑)。こういう本音があるやつらが、頑張って優しくなっているんですよね。そういうやつらに対して“わかってるぞ。お前、本当はこうだろ?”って歌いたかったんです。

――「君との足跡」も、ある意味、ラブソングではないでしょうか。

LANCE:これはMAKKIが実家で飼っていた犬のことを描いているんですよ。<君との足跡>って、MAKKIから出てきたんですけど、人との思い出の軌跡も“足跡”って言いますし、この歌詞ではリアルに足跡でもあるんですよね。“こいつ、上手いこと言いやがるな”って思いました。

MAKKI:犬が死んだ時にLANCEが実家に来てくれて、うちの母親を見て歌詞を書いてくれたんです。その後に僕も書いてみることになって、辛かった気持ちを素直に歌詞にしました。“大切な存在を失う”っていうことを描いた曲になっていると思います。
ONE☆DRAFT 「ライブで一緒に情熱のキャッチボールをしようぜ!」/インタビュー2

――RYOさんが歌詞を書いた「Treasure Hunter」も印象的です。

RYO:これは塩川さん(SALTRIVER)の子供がもうすぐ生まれるっていう話を聞いたのがきっかけです。僕も子供がいますし、そういう想いが反映されている歌詞ですね。

LANCE:この曲は、聴いていると落ち着きますよ。この前、新幹線で広島から東京に戻ってくる間に聴きながら、“いい曲だな”と思いました。

――あと、アルバム『蜂の巣』に入っていた「傾奇炎」の第2弾とも言うべき「傾奇炎II feat. KLUTCH(ET-KING),コブラJP(FANTAGROUP),ヤス一番?(nobodyknows+), GooF(SOFFet),SEAMO,YOPPY(エイジア エンジニア)」が収録されているのも要注目です。

LANCE:これは“ライブで盛り上がる幻の曲”っていう感じですね。このフルメンバーがライブで集まるかは、なかなか大変でしょうから(笑)。ONE☆DRAFTのライブをずっと追いかけてくれている人に、“この面子ね”って思ってもらえるお馴染みのメンバーと一緒にやりたかったんです。

――このアルバムに収録されている新曲のいくつかは、ライブですでに披露しているそうですが、反応はいかがですか?

RYO:リリース前ですけど、すごく乗ってくれているのを感じています。

MAKKI:リリースされてから歌詞をじっくり見てもらったりもしたら、また新しい感じ方をしてもらえそうだよね?

RYO:うん。リリース後のライブも楽しみですね。“ライブで一緒に情熱のキャッチボールをしようぜ!”って思っています。

LANCE:初めて聞くけど、“情熱のキャッチボール”ってどんな感じなの?

RYO:歌詞を書く人間が、そんなこと聞くもんじゃねえだろ(笑)。もっと豊かな感覚を持ってください。フィーリングの話です。
ONE☆DRAFT 「ライブで一緒に情熱のキャッチボールをしようぜ!」/インタビュー2

MAKKI:本当にボールを投げるわけじゃないから(笑)。まあとにかく、来年に向かっての布石も打てたアルバムにもなりましたね。ライブでも新しい見せ方ができそうです。

LANCE:10曲が揃ったこの1枚を振り返ると、参加してくださった作家さん、アレンジャーさんたちに支えられたアルバムだなというのも感じます。10年間でのいろんな出会いが反映されているので、“あの作品があったから今回がある”っていうのを、いろんな曲に対して思いますね。みなさんと一致団結して、いろんな個性が入ったアルバムを作れました。そして、このインタビューの最後に言っておきたいのは……今、ふと目に留まったんですけど、ヤス一番?の“?”って要るんですかね?

MAKKI:これはヤスさんのこだわりなんだと思うよ?

RYO:インタビューの締めがそれかよ(笑)。

――「マイ旬」へ



≪リリース情報≫
8th Album
『ENDRUN』
2017.12.20リリース
TKACA-74589


≪ツアー情報≫
【DREAMING TOUR vol.4】
2017年12月23日(土)石川・金沢AZ
2017年12月24日(日)大阪・アメリカ村 BIGCAT

ONE☆DRAFT オフィシャルサイト
ONE☆DRAFT 掲載記事一覧
excite music official Twitter
excite music official Facebook
excite music official YouTube channel
編集部おすすめ

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク