smadan

定額制の音楽聴き放題配信サービス7社を比較!おすすめアプリはこれ

「聴き放題(聞き放題)の音楽配信アプリの料金ってどのくらい違うの?」「音楽配信サービスっていろいろあるけど比較すると何が特徴なの?」そんな疑問を持つ方も多い、決められた月額料金で、音楽が聴き放題できる「定額音楽配信サービス」。違法の音楽ダウンロードの無料アプリが蔓延る一方で、安全性や信頼性という面から、有料の音楽配信サービスの注目も高まってきている。AWAやLINEミュージックなどさまざまな企業が参入するなかで、邦楽や洋楽の曲数が多かったり、入会特典があるなど、サービスによって異なる特徴がある。そこで今回は、「定額音楽配信サービス」を提供している7社の特徴をまとめていきたい(価格は税込、以下すべて)。


Amazon Music Unlimited


定額制の音楽聴き放題配信サービス7社を比較!おすすめアプリはこれ

Amazonが提供する定額制音楽聴き放題サービス。
Amazonプライム会員なら月額780円、会員以外だと月額980円の価格設定。初めての利用者は30日間無料で体験できる。4000万以上の楽曲からラジオやプレイリストなどオリジナルコンテンツも幅広く揃っている。Amazon Echoシリーズの所有者は、Amazonの人工知能「Alexa」を使って音声だけで音楽が流れるサービスが体験できる。

<特徴>
・家族みんなで楽しめるファミリープランも用意

Amazonプライム会員、会員以外のプランの他にも、家族最大6名まで登録可能なファミリープランも月額1480円で用意。個別アカウントでアクセスできるので、家族それぞれが好きな音楽を好きなだけ楽しむことができる。またAmazon Musicの音楽アプリがあれば、外出先や自宅、オフィスでも利用できる。

・厳選されたプレイリストとラジオ等のコンテンツが盛りだくさん
最新のJ-POPおよび洋楽をそれぞれ含む「ニューリリース」や毎週更新される「週間ランキング」など何百もの厳選されたプレイリストが充実し、気分や活動に合わせて音楽を視聴することができる。また、好みのジャンルの楽曲が好きなだけ楽しめるラジオも。

・Amazonが所有する人工知能「Alexa」で今までにない音楽体験

Amazon Echoシリーズの所有者には月額わずか380円で楽しめるプランも。「アレクサ、音楽をかけて」と声をかけると聴取履歴に基づいた音楽が流れたり、「アレクサ、この曲名はなに?」と聞くとアーティスト名と曲名が分かったりと、今までにない音楽体験が味わえる。

「Amazon Music Unlimited」を30日間無料で試す
Amazon Music Unlimited


邦楽好きにオススメ dヒッツ





docomoが提供している音楽配信サービス。月額540円で最新J-popから懐かしの名曲まで、11カテゴリー5,000プログラム以上が聴き放題できる。docomoユーザー以外でもdアカウントを取得すれば利用可能だ。初回31日間は無料お試し期間を設けている。

<特徴>
・独占配信、先行配信が多数

dヒッツでは、独占配信や先行配信が多いため、人気アーティストの曲をどこよりも早く聞くことができる。数ある音楽配信サービスのなかでも、 Mr.childrenや安室奈美恵などの人気アーティストラインナップが多いのも特徴のひとつ(※オリコン2016アーティストトータルセールスTOP100配信アーティスト数No.1 定額制音楽配信において2017年3月インプレス総合研究所調べ)。

・高音質を提供
高音質で楽曲を提供しているので、音質にこだわる人にオススメだ。

・通信料なしで好きな楽曲が楽しめる
dヒッツでは、myヒッツ機能で好きな曲を保存でき、保存した音楽は通信料がかからずに聞くことができる。毎月10枠の保存ができるので、長く使えば使うほどプレイリストが充実していくシステムだ。1年経てば、最大120曲の楽曲を登録できる。

「dヒッツ」を31日間無料で試す
dヒッツ


ライブ先行受付やカラオケ割引など特典多数 「うたパス




auが提供している音楽配信サービス。月額324円の音楽聴き放題プランに加入すると、4,000以上のプレイリストの楽曲を聴き放題できる。また、加入と同時にさまざまな会員特典を受けられるので、聴き放題以外のコストパフォーマンスが高め。初回登録後は30日間、無料で利用できる。なお、同サービスを利用できるのはauユーザーのみ。

<特徴>
・Google Homeに対応

Googleが開発したスマートスピーカー「Google Home」でうたパスをデフォルトの音楽サービスに設定するだけで、利用できるようになる。

・ライブ先行受付、無料招待特典
うたパス会員になると、さまざまなアーティストのライブの先行特典や無料招待の特典が受けられる。ほかにもライブ情報を発信しており、開催されたライブのセットリストを確認することも。

・カラオケ利用割引券
うたパス会員であれば、毎週火曜日にカラオケのルーム利用料金が最大1,200円(税抜)割引、または飲み放題が割引になるクーポンを配布している。現在はジョイサウンド、シダックス、カラオケ館、歌広場、ボラボラ、パセラなどの大手チェーン店と提携している。

「うたパス」を30日間無料で試す
うたパス


登録なしですぐに利用できる 「AWA」






サイバーエージェントとエイベックスが共同出資して設立した「AWA(アワ)株式会社」の音楽ストリーミングサービス。2015年5月にサービスの提供を開始し、配信楽曲数は4,000万曲、著名人およびユーザーが作成したプレイリスト数は約1,000万件におよぶ。登録なしで、アプリダウンロード後すぐに利用することができる。また、同アプリはGoogle Playの「ベスト オブ 2017」日本版において、アプリの中で頂点となる「2017年 ベストアプリ」を受賞している。

<特徴>
・広告なしの無料プランあり

AWAには月額無料の「Freeプラン」と月額960円の「Standardプラン」の2つの料金プランがある。「Freeプラン」広告なしでオンデマンド再生やプレイリスト作成が可能だが、再生は月に20時間まで。「Standardプラン」は通信せずに音楽が聞けるオフライン再生など、全ての機能が時間制限なしで利用できる。

・豊富な検索機能
楽曲を検索する際にアーティスト、アルバム、曲名に加え、気分やキーワードで音楽を探すことが可能。気分のカテゴリーは「HAPPY」「EXCIED」「RELAX」など、全12種類におよぶ。好みに合わせたプレイリストも検索できるので、さまざまな楽曲に触れることができる。

・曲が途切れないハイライト再生
楽曲の盛り上がる箇所90秒間を、フェードイン・フェードアウトにより途切れることなく聞くことができる機能「ハイライト再生」が内蔵されている。ただし、「Freeプラン」については権利者の許諾がおりていない一部の楽曲において30秒のみ再生可能、もしくは再生ができない場合がある。

「AWA」を始める
AWA



低価格で全世界の音楽が楽しめる 「Spotify」


定額制の音楽聴き放題配信サービス7社を比較!おすすめアプリはこれ

全世界で1億4,000万人以上のユーザーに利用されている、最大手の音楽ストリーミング配信サービス。4,000万曲以上の音楽再生はもちろん、ポッドキャストやビデオを楽しめるサービスで、携帯やタブレットをはじめ、PCやスピーカー、テレビ、車などさまざまな種類のデバイスで利用可能だ。

<特徴>
・洋楽が多い、プレイリストが豊富

元々はヨーロッパ発のサービスなので、邦楽よりも洋楽のナンバーが豊富に揃っている。ゆえに、洋楽好きにはオススメだ。また、全世界のユーザーのプレイリストが見られるので、いま世界中でどんな楽曲が流行っているのかなど、これまで知らなかった音楽に触れる機会を抜群に増やすことができる。

・無料プランがある
Spotifyでは、月額0円の無料プランと月額980円の有料プランを用意している。無料プランでは、4,000万曲を全曲フルで聞くことができ、利用期限もなし。ただし、音楽を聞く前に15~30秒ほどの広告が出現する。一方、有料のプレミアムプランは無料プランと同じ項目に加え、オンデマンド再生、オフライン再生、広告なし、高音質設定などの機能が追加される。

「Spotify」をダウンロードする
Spotify



好きな音楽をSNSでシェアできる 「LINE MUSIC


定額制の音楽聴き放題配信サービス7社を比較!おすすめアプリはこれ

「LINE」が提供している定額制オンデマンド型音楽配信サービス。月額500円から、邦楽・洋楽問わず4,300万曲以上の幅広いジャンルの楽曲を聴き放題できる。LINEアプリとの連動機能も可能で、初回登録時は3ヵ月間無料で利用できる。

<特徴>
・2つの料金プラン

LINE MUSICでは、月額500円の「ベーシックプラン」と月額960円の「プレミアムプラン」を用意している。ベーシックプランは30日間、20時間の間にフルサイズで楽曲が聴き放題でき、ベーシックプランは時間制限なしで聴き放題できる。なお、両プランは学割もあり、ベーシックプランは300円、プレミアムプランは480円で用意している。

・LINEアプリとの連動機能
LINE MUSICの魅力といえば、LINEアプリとの連動機能。 プロフィール画面に好みの楽曲を設定できる「BGM設定機能」や、無料通話をかけてきた相手に聞こえる“呼出音”を設定する「LINE着うた」などが設定できる。

・SNSで楽曲をシェアできる
気に入った楽曲があれば、LINEのトークはもちろん、TwitterやFacebookなどでシェアすることができる。シェアされた音楽はLINEMUSICのアプリをダウンロードしていなくても、30秒間は無料で聞くことができる。なお、会員登録をするとフルで聞けるようになる。

「LINE MUSIC」を始める
LINE MUSIC


C-POPに特化した音楽聴き放題サービス 「KKBOX」


KDDIがauスマートフォン向けに提供していた「LISMO unlimited」のリニューアル版で、世界最大数を誇るC-POP(中華圏のポップス)を取り揃えるアジア大手の音楽聴き放題サービス。PCやタブレット、またauだけでなく他キャリアのスマートフォンでも利用できる。プランは980円の自動更新プランと2,940円の90日パッケージの2種類を用意。なお、初回1ヵ月間は無料お試し期間を設けている。

<特徴>
・音楽コンテンツが充実している

音楽配信だけでなく、独占の映像やアーティストインタビュー、ライブレポート、月刊の音楽誌「Let’s Music!」など幅広い方法で音楽情報を届けている。

・Listen with
有名人や友人が何を聴いているか見ることができ、同じ音楽を聴きながらチャットを楽しむことができる「Listen with」が利用できる。

・キャリア決済可能
KKBOXではクレジットカードや楽天ペイに加えて、「au かんたん決済」「ドコモケータイ払い」「ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い」のキャリア決済が可能。

このように、邦楽の豊富さで選ぶなら「dヒッツ」、聴き放題に加えて、ライブやカラオケなどのエンタメ特典で選ぶなら「うたパス」、豊富な検索性で選ぶなら「AWA」、洋楽で選ぶなら「Spotify」、SNSとの連動を楽しみたいのであれば「LINE MUSIC」、C-POPに特化したサービスなら「KKBOX」と、自分の用途にあったサービスを選んでみるといいだろう。


<この記事にはアフィリエイトリンクが含まれています>

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る 2017年12月25日のスマダン記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース