review

「民衆の敵」最終回 ウーマンラッシュアワーの「嫌われる勇気」との差を考えざるを得ない

       
篠原涼子主演の月9ドラマ/『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』。篠原演じる普通の女性・佐藤智子が市議会議員になり、“市議会のドン”に担がれて市長になったはいいが、結局対立してしまう……というお話。不正疑惑までかけられて、ついに「民衆の敵」というレッテルまで貼られてしまった。(Blu-ray-BOX 3・21発売予定)
「民衆の敵」最終回 ウーマンラッシュアワーの「嫌われる勇気」との差を考えざるを得ない
PONY CANNYON Inc

少数の人を切り捨てて多数の人を幸福にすべきか?


あおば市にニューポートを建設しようとしているのは、犬崎(古田新太)ではなく、日本政民党の重鎮である藤堂家だった。利権の固まりであるニューポートを、国政の有力者が地元の首長や議員を巻き込んで作ろうとしていたわけだ。

しかし、副市長の藤堂(高橋一生)は犬崎一派の政務活動費に関する不正を、新聞記者の和美(石田ゆり子)にリーク。また、難攻不落だった富田(渡辺いっけい)に証言させることに成功する。

新聞記事が出ると犬崎に報道陣は殺到し、“市議会のドン”は一発で失脚。これまでの話はなんだったんだよ! 秘書の若宮(若旦那)もあっさり犬崎を見捨てる。「BOSS」のCMの竹原ピストルとは大違いだ。

かくして智子の不正疑惑は晴れ、リコールは取り消された。だが、藤堂は智子に「僕はニューポート建設に賛成しているんです」と告げる。藤堂は計画を進めるためにこの街にやってきたのだ。

ニューポートの正体とは、日本中の産業廃棄物を処理する産廃処理場だった。藤堂は「どこかに作らなければいけないもの」「日本中の自治体がそう言うから揉めに揉めているんです」と言うが、ここで言う産廃処理場とは間違いなく放射性廃棄物の処理場のことを指している。ただの産廃処理場なら全国にいくらでもあるからだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「民衆の敵」最終回 ウーマンラッシュアワーの「嫌われる勇気」との差を考えざるを得ない」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    どっちも大して支持されてないから同じなのでは。

    14
  • 匿名さん 通報

    嫌韓ドラマを月9でやったら爆発的高視聴率になるだろう。抗日ドラマか。

    10
  • 匿名さん 通報

    読解力の無いコメントがありますね。支持されているかどうかじゃなくて、話題になったかと書いてありますよ。まあ他の番組でも取り上げられたりしたので差はあったでしょう。

    3
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

民衆の敵

民衆の敵

月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』レビュー記事一覧。

2017年12月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。