review

「わろてんか」74話。元「乙女新党」の葵わかなが、自分より歳上の「乙女組」のお母さんになる重責

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第13週「エッサッサ乙女組」第74回 12月26日(火)放送より。 
脚本:吉田智子 演出:東山充裕 中泉慧
「わろてんか」74話。元「乙女新党」の葵わかなが、自分より歳上の「乙女組」のお母さんになる重責
イラスト/まつもとりえこ

74話はこんな話


島根に来たてん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は、安来節の踊り手を4人選んで、大阪につれていくことにするが、そのひとりの父親(白井哲也)の猛反対に合う。

乙女たちの面接


安来節の踊り子の面接をはじめる藤吉とてん。

勝部なつ(畦田ひとみ)は、踊りと容姿にものすごく自信をもっている。
小豆沢とわ(辻凪子)は、食いしん坊。
錦織あや(鈴木球予)は、通天閣を見たいとか素敵な男の人との逢瀬を想像するとか好奇心旺盛。
安達都(大後寿々花)は、踊りに情熱をもち、一番うまい。

藤吉が見ている面接用の書類には、たくさん名前が記されていて、面接にも何人か女性が並んでいる。73話では5人踊っていた。この時代の、島根の安来節人口、いったい何人くらいなのだろう。
安来節ができるできないにかかわらず、単に、若い女性(アイドル)オーディションってことなのだろうか。

面接場面がしっかり出てきたのは4人で、選ばれたのもこの4人。ある意味、出来レースである(冗談です、念のため)。

小豆沢とわの、なまりが強くて、食いしん坊なところは、「ひよっこ」の澄子(松本穂香)を意識しているとしか思えない。メガネっ娘ではないけれど。サブタイトルの「乙女」も、「ひよっこ」の「乙女」を思い出させる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「わろてんか」74話。元「乙女新党」の葵わかなが、自分より歳上の「乙女組」のお母さんになる重責」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    愛子さんは「東京のお姉さん」と言い張っていましたが、てんは自称「大阪のお母さん」ですか。見た感じは、せいぜい「大阪のお姉さん」、下手すると「大阪の妹」ですけどね。

    4
  • Jscons 通報

    「だんだん」はゲゲゲの女房でも境港の実家?とか地方の言葉で使われてましたな。

    4
  • 匿名さん 通報

    乙女組の4人を演じている皆さんは20代前半で、19歳の葵わかなさんより年上なんですね。てんの年齢はこの時点で28歳ぐらいだと思いますが、乙女組は?10代半ばですかね??

    4
  • 匿名さん 通報

    今年は28日までなら、年明けの4日からかな?

    2
  • 匿名さん 通報

    では年内は28日までか、この週は、4話でおしまいなんですね。次週は年明けの4日からかな?

    1
この記事にコメントする

「わろてんか + 広瀬アリス」のおすすめ記事

「わろてんか + 広瀬アリス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

わろてんか

わろてんか

NHK連続テレビ小説「わろてんか」のレビュー連載。

2017年12月27日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. わろてんか 広瀬アリス

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。