smadan

仮想通貨「オタクコイン」発行検討 ネットでは賛否両論の声

       
仮想通貨「オタクコイン」発行検討 ネットでは賛否両論の声

ウェブサービス事業を手掛ける「Tokyo Otaku Mode Inc.」は12月27日、日本のアニメ・漫画・ゲームなどのオタク系コンテンツ業界に特化した仮想通貨「オタクコイン」でのICO(Initial Coin Offering) 実施に向け、本格的に検討を始めたことを発表した。

オタクコインとは?


オタクコインとは、アニメ・漫画・ゲームなどのいわゆるオタク系コンテンツ業界で利用可能な共通通貨のこと。具体的には、アニメ作品への直接的な支援や、アニメイベントへの参加費用、物販での支払いなど、この領域における多種多様な支払いに充当できる仮想仮装通貨えである。このオタクコインによって、情報の流通、コンテンツの流通、関連グッズなどのマーチャンダイズの流通を促進していく計画だ。
仮想通貨「オタクコイン」発行検討 ネットでは賛否両論の声


これが実施されると、世界的に有名な漫画家にオタクコインのデザインしてもらったり、著名な音楽家に決済音やテーマ曲を作ってもらったり、ARを通じて空中に浮いているオタクコインをジャンプして獲得できたりといった、従来の通貨にはなかった「楽しみ」も体験できるようになる。


本構想を検討するオタクコイン準備委員会のアドバイザーには、アニメ映画「この世界の片隅に」のプロデューサー真木太郎氏、そして国内外のアニメーションに関する取材・報道・執筆を行うジャーナリストの数土直志氏が就任。長年、アニメ業界で活躍している両氏をアドバイザーとして迎え入れることで、本構想をより業界の実態に即し、業界発展に寄与するビジョンや仕組みの構築をめざしていく方針だ。なお、両氏のほかにも、国内外の業界関係者、専門家を中心にアドバイザーへの就任を打診しているという。

ICOの実施時期は2018年の春~夏頃を目指しているが、現時点ではまだ未定であり、今回の発表はあくまで「実施に向けての検討を行っている」と公表している。

ネットでは賛否両論の声が挙がる


今回の発表を受けて、Twitter上ではさまざまな意見が挙がっている。





あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月27日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。