BUCK-TICK デビュー30周年プロジェクトを飾る武道館公演「桜の咲く頃 またお会いしましょう」

BUCK-TICK デビュー30周年プロジェクトを飾る武道館公演「桜の咲く頃 またお会いしましょう」
撮影/田中聖太郎写真事務所

BUCK-TICKが、12月29日に東京・日本武道館で全国ツアー『THE DAY IN QUESTION 2017』のファイナル公演を行なった。

〈もう30数年前からパレードは始まっていました。みんな大人になりましたけど、ここ(心臓を指して)は子供のまんまです。みんなおいで。今井さんもいるし、ヒデもいる。ユータだっているよ。アニイは今日も座っている。さあ、おいで〉。

本編の中盤、「LOVE PARADE」の前に櫻井敦司(Vo)はそう語りかけた。30年間、唯一無二であり、孤高の存在であったBUCK-TICKの入口は、もしかしたら狭く見えていたかもしれないけれど、今の彼らは〈さあ、おいで〉と手を大きく広げる。30年前からのファンも、昨日ファンになったばかりの人も、すべてを受け入れる愛に満ちた深い包容力で、武道館に集まった1万人のファンを温かく包み込んでいた。
BUCK-TICK デビュー30周年プロジェクトを飾る武道館公演「桜の咲く頃 またお会いしましょう」
撮影/田中聖太郎写真事務所

BUCK-TICK デビュー30周年プロジェクトを飾る武道館公演「桜の咲く頃 またお会いしましょう」

今年9月にデビュー30周年を記念したスペシャルライヴ『“THE PARADE”~30th anniversary~』を開催した彼らは、30年の軌跡を網羅したその2日間のメニューを、より凝縮した形でツアーをスタートさせた。

毎回趣向を凝らしたオープニングも話題になる「THE DAY IN QUESTION」だが、今回はステージセンターに設置された巨大な白いセットに、過去のミュージックビデオを編集した映像が映し出された。やがて、そのセットが縦に8つに分かれ、隙間からスタンバイしているメンバーの姿が見えるというレアなシチュエーションに会場は大興奮。歓声がより大きくなったと思うと、今井寿(Gt)がフライングで下手花道に飛び出していた。1曲目を華々しく飾るダンスナンバー「独壇場 Beauty -R.I.P.-」でステージの全貌が露わになると、メンバーが花道へと繰り出し、会場のテンションを一気に引き上げる。続いて、定番のインダストリアルナンバー「ICONOCLASM」で、早くも一体感を生んだ。

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月30日の音楽記事

キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。