bit

上智大学、アンコール・ワット遺跡修復のため“クラウドファンディング”に挑戦

上智大学、アンコール・ワット遺跡修復のため“クラウドファンディング”に挑戦
上智大学のクラウドファンディングを募集するサイトページ

上智大学のアジア人材養成研究センターは1月22日、国内最大のクラウドファンディングサービスである「READYFOR」において、総額1000万円を目標金額としたアンコール・ワット西参道の修復プロジェクトの資金調達に挑戦する。

同大学では、「カンボジア人による、カンボジアのための、アンコール・ワット遺跡保存修復」を国際協力の哲学として掲げ、1996年カンボジア王国シェムリアップ市に「アジア人材養成研究センター」を開設。以来20年にわたり、遺跡の保存・修復に携るカンボジア人の石工や遺跡保存官などの人材育成に取り組むほか、同遺跡を管理するアプサラ機構と共同で西参道の修復工事を行ってきた。また、同センター長の石澤良昭教授は、同遺跡の保存修復および人材育成への貢献が認められ、2017年にアジアのノーベル賞と呼ばれる「ラモンマグサイサイ賞」を受賞している。

全長200メートルの西参道の修復は、2007年に第1工区が完成、2015年より第2工区の修復準備に着手し、2020年の完成を目指している。現代の建築材料や大きな機材を使用せず、約900年前の建設当時の石材を石切場から切り出して使用するなど、当時の技術を用いながら保存・修復作業を実施。これまでは、主に経済界からの法人募金やODA「一般文化無償資金協力」などを中心に費用を賄ってきたが、クラウドファンディングという新たな外部資金調達の方法を通じ、個人からの募金協力を得られる体制も整えていくことを目指していく。同大学では、一人でも多くの人に同プロジェクトを知ってもらう機会とするとともに、同センターにおける教育研究活動の経過と成果を広く社会に発信していく方針だ。

【実施概要】


プロジェクト名:「上智大学石澤良昭 アンコール・ワット西参道完全修復への挑戦!」
URL:https://readyfor.jp/projects/sophia-angkor
募集期間:2018年1月22日~4月20日
目標金額:1,000万円

クラウドファンディング挑戦について 石澤教授のコメント


アンコール・ワット遺跡群はカンボジアを象徴する遺跡であり、その保存・修復は現地の人々自身の手によって守り、誇れるようにしていかなければなりません。西参道の修復事業においても、「By Cambodian's for Cambodians」で国際協力をすすめていくという原点を忘れずに取り組んでいきます。本遺跡のような文化遺産を、国際社会が人類の至宝として保存していく重要性を広く世界に訴求していく所存です。ご支援のほどよろしくお願いいたします。


あわせて読みたい

  • 北朝鮮プロデュースの博物館

    北朝鮮プロデュースの博物館

  • ヘビ料理もあるカンボジアの雑誌

    ヘビ料理もあるカンボジアの雑誌

  • 東横INNプノンペンに泊まった

    東横INNプノンペンに泊まった

  • カンボジアの人気キャラ、“アングリーバード”って?

    カンボジアの人気キャラ、“アングリーバード”って?

  • コネタの記事をもっと見る 2018年1月24日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース