review

草なぎ剛「赤報隊事件」テロにあうメディアの側にも非があるのか。同僚を殺された記者たちの執念の実録今夜

       
これら事件のたびに「赤報隊」を名乗る者から犯行声明が送りつけられ、そこには「この日本を否定するものは許さない」「反日分子には極刑あるのみ」などといった、朝日新聞を敵視し、戦後体制を否定する文章が書き連ねられていた。

警察庁は一連の朝日新聞襲撃事件を「広域重要指定116号事件」として捜査を進めた(竹下・中曽根元首相への脅迫は「参考事件」、愛知韓国人会館放火事件は「類似事件」の位置づけ)。捜査当局は「同一人物・グループによる一連の事件」と断定したものの、容疑者逮捕までにはいたらず、阪神支局襲撃事件は15年後の2002年5月3日に時効を迎え、116号に指定されたほかの事件も03年3月11日までにすべて時効となる。なお、事件で負傷した犬飼記者は、その後も2007年に退職するまで各地の支局で取材活動を続けたが、去る1月16日に73歳で亡くなった。

葛藤と覚悟を抱きながらの取材


今夜の実録ドラマでは、朝日新聞の記者たちが阪神支局襲撃事件の直後より結成した「専従取材班」(当初は「特命取材班」と呼ばれた)の動向を中心に描かれる。特命班は、警察の捜査とは別に、独自に犯人捜しと事件の真相解明をめざした。草なぎ剛が演じるのは、この特命班に参加した一人である樋田毅記者だ。

樋田記者は、阪神支局襲撃事件の時効直後に刊行された『新聞社襲撃――テロリズムと対峙した15年』(朝日新聞社116号事件取材班編、岩波書店)という本に、「取材班の一員として――見えない「赤報隊」を追って」と題する手記を寄せている。それによれば、特命班は、社会部の担当デスクから

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「草なぎ剛「赤報隊事件」テロにあうメディアの側にも非があるのか。同僚を殺された記者たちの執念の実録今夜」の みんなの反応 34
  • 匿名さん 通報

    取材源をペラペラ喋るような記者には、怖くて誰も情報提供できないよ。そんなことも分からんのか?

    60
  • 匿名さん 通報

    情報の公開ってのは、公金を使う役所とか、選挙で選ばれた議員の活動とか、そういうのを公開しろって話なので、それすら分かってないのかよ ʅ(◞‿◟)ʃ

    43
  • 匿名さん 通報

    NHK未解決事件に期待。真相究明して社会から不安を無くしてほしい。オウム事件は犯人が解明されたが、赤報隊事件はなぜできてないのか、実録ドラマ、ドキュメンタリーでどう描かれるか注目。

    38
この記事にコメントする

「ドキュメンタリー」に関する記事

「ドキュメンタリー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ドキュメンタリー」の記事

次に読みたい「ドキュメンタリー」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年1月27日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. ドキュメンタリー 映画

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。