review

草なぎ剛「赤報隊事件」テロにあうメディアの側にも非があるのか。同僚を殺された記者たちの執念の実録今夜

       
《事件の本質をゆがめ、捜査の混乱にもつながった。偽情報に乗った出版社の罪深さは計り知れない》と厳しく批判している(『阪神大震災・グリコ森永vsジャーナリスト』)。

いま同様の事件が起きたら……


朝日新聞の記者たちが、これほどまでに事件の真相解明のため心血を注いだのは、単に同僚が殺されたことへの怒りからだけではない。そこには、言論の自由が暴力によって奪われることへの危機感があった。それゆえ、彼らはほかの新聞社をはじめ各メディア、また市民ともスクラムを組んで立ち向かうことができた。死亡した小尻記者と新人時代、同じ赴任地で一緒に県警を回った仲だという読売新聞のある記者は、後年、《小尻を美化する報道もあったが、あいつは英雄でも、特ダネ記者でもない。僕らと同じ、ささやかな夢を持った不器用な記者が支局で殺された。そこに、この事件の本当の怖さがある》と語っている(『新聞社襲撃』)。

いまや赤報隊が犯行声明で掲げたような主張は、ネットをはじめあちこちで見られ、珍しいものではなくなった。そのなかで頻繁に使われる「反日」という言葉は、赤報隊事件以前は右翼もほとんど使わない言葉だったが、赤報隊が蔓延させたとの指摘もある。いま「反日」とを盛んに口にしている人たちが、赤報隊のテロを肯定することは十分ありうるのではないか。

ましてやマスコミへの不信は時代を下るごとに深まっている。文藝春秋の元編集者で作家の半藤一利は2002年の時点で、襲撃事件のあと朝日新聞が持ちこたえられたのは、世論が味方してくれたからとした上で、

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「草なぎ剛「赤報隊事件」テロにあうメディアの側にも非があるのか。同僚を殺された記者たちの執念の実録今夜」の みんなの反応 34
  • 匿名さん 通報

    取材源をペラペラ喋るような記者には、怖くて誰も情報提供できないよ。そんなことも分からんのか?

    60
  • 匿名さん 通報

    情報の公開ってのは、公金を使う役所とか、選挙で選ばれた議員の活動とか、そういうのを公開しろって話なので、それすら分かってないのかよ ʅ(◞‿◟)ʃ

    43
  • 匿名さん 通報

    NHK未解決事件に期待。真相究明して社会から不安を無くしてほしい。オウム事件は犯人が解明されたが、赤報隊事件はなぜできてないのか、実録ドラマ、ドキュメンタリーでどう描かれるか注目。

    38
この記事にコメントする

「ドキュメンタリー」に関する記事

「ドキュメンタリー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ドキュメンタリー」の記事

次に読みたい「ドキュメンタリー」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年1月27日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. ドキュメンタリー 映画

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。