グループ魂石鹸、50歳をニューロティカ・怒髪天に祝われ男泣きの『三宅ロックフェス』

グループ魂のドラマー“石鹸”こと三宅弘城が1月14日に50歳を迎えたことを記念したイベント『三宅ロックフェスティバル vol.1』が1月27日、新宿LOFTで開催された。メインステージにはグループ魂のほか、三宅が尊敬するニューロティカ、怒髪天などが出演。さらにサブステージでもさまざまなパフォーマンスが行われるなど、盛りだくさんの内容になった。

17時の開場と同時にDJセミノスキ(グループ魂・バイト君/村杉蝉之介)がメインステージ脇のDJブースに登場。セックス・ピストルズ、ザ・スタイル・カウンシルなどの楽曲でフロアを盛り上げる。ドリンクバー付近ではグループ魂の小園(Ba)がオリジナルドリンク「ミルクJAPAN」(石鹸が好きな牛乳と小園が好きな日本酒を合わせたドリンク)を販売していた。

メインステージのトップバッターは、ニューロティカ。まずはグループ魂のMC港カヲル(46歳)が登場。「女は三宅弘城である。なぜならエクスタシーに達したとき、そこらじゅうにシオを吹きまくるから!」という口上で笑いを取ったあと、イノウエアツシ(ニューロティカ/Vo)をはじめとするメンバーを呼び込む。ライブのスタートと同時に石鹸がステージに現れ、『ミヤケロックフェスティバル』テーマソングとして制作されたグループ魂の新曲「男は泣く」をセッション。アツシと同様にピエロメイクの石鹸が「泣け!泣け!」と叫ぶと、会場から大きな歓声が上がった。ラストの「ロックンロールクレイジーラン」ではグループ魂の暴動(Gt/宮藤官九郎)が参加。『三宅ロックフェス』ならではのコラボが実現した。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「グループ魂」に関する記事

「グループ魂」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「グループ魂」の記事

次に読みたい「グループ魂」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク