Dragon Ashが19年ぶり横浜アリーナ公演 「19年後もこんなに愛されて。最高です」

Dragon Ashが19年ぶり横浜アリーナ公演 「19年後もこんなに愛されて。最高です」
Photo by shimboyuki、mao Yamamoto、michitogoto、TAKAHIRO TAKINAMI
デビュー20周年を迎えた2017年に行われた全国ツアー『Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC』。そのツアーファイナルを飾る『Dragonash Live Tour MAJESTIC Final』が、1月28日に横浜アリーナで開催された。Dragon Ashが横浜アリーナでワンマン公演を行うのは、1999年に行われた『Dragon Ash Tour Freedom of Expression』のファイナル以来、約19年ぶりとなる。

開演前からすでに熱気に満ちた会場が暗転すると、ステージの上に設置されたスクリーンに、ターンテーブリスト、BOTSが映る。サンプリングしたディストーションギターを駆使して「威風堂々」を奏で、スクリーンに最新アルバム『MAJESTIC』のロゴが映し出されると、場内から割れんばかりの拍手と大歓声が沸き起った。そして、最新アルバム『MAJESTIC』の冒頭を飾るインスト曲「Majestic」が流れ、ダンサーのATSUSHIがスポットライトの下で羽ばたくように動き出し、続いてDRI-Vも力強いステップを踏み出すと、ステージにメンバー全員が登場。ベーシスト、KenKenの側には初代べーシスト、IKuZoNEをイメージした赤と青のシャツが飾られている。スクリーンに大きな樹と飛び立つ鳥のイメージが映され、「Stardust」が力強く鳴り響いた瞬間、いくつものレーザーの光がアリーナを貫くと、地鳴りのような歓声が沸き起こる。デビューから20年を経てなおラウドな音を鳴らし続けるバンド、Dragon Ashによる巨大なロックショウの始まりだ。

あわせて読みたい

  • Dragon Ash、2年ぶりのワンマンツアー初日の模様をレポート 「ライブハウスではみんな仲間だ」

    Dragon Ash、2年ぶりのワンマンツアー初日の模様をレポート 「ライブハウスではみんな仲間だ」

  • Dragon Ash ここから先に進むことを感じさせる餞(はなむけ)の歌/ライブレポート

    Dragon Ash ここから先に進むことを感じさせる餞(はなむけ)の歌/ライブレポート

  • Dragon Ash まさしく集大成――“Tour Rampage”の記念碑的な一夜/レポート

    Dragon Ash まさしく集大成――“Tour Rampage”の記念碑的な一夜/レポート

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年1月30日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース