review

アカデミー賞主要6部門7ノミネート「スリー・ビルボード」 は想像の斜め上を行く、ギョッとする

       
しかし、もう1人の主人公であるディクソンはだけ違う。彼だけは、最初から「息子」という立場で物語に登場し続けるのだ。パーソナリティが甘ったれた子供なので3人の中で一番言動が幼稚でガサツなのだが、その彼への通過儀礼も映画の中には用意されている。これもけっこう色々と象徴的なシーンで、正直「ここまでしないと子供は子供のままで"親"たちと対等にはなれないのか……」と、ギョッとするような形で彼は通過儀礼を終える。

対等になったミルドレッドとディクソンがどのような行動に出るのかは、是非本編を見て確かめてほしいのだが、ここでの行動だけはどうしようもなく「ミズーリの田舎ならでは」という手触りがあった。『スリー・ビルボード』はこの世のどこにでも接続されうる物語でありながら、どうしようもなく"アメリカ中西部の田舎"に囚われた物語でもある。彼らはどうするべきなのか、我々はどうするべきなのか。この映画は、安易に結論めいたものを出すことを拒否している。

【作品データ】
「スリー・ビルボード」公式サイト
監督 マーティン・マクドナー
出演 フランシス・マクドーマンド ウディ・ハレルソン サム・ロックウェル ジョン・ホークス アビー・コーニッシュ ほか
2月1日より公開中

STORY
ミズーリ州の片田舎に、7ヶ月前の強姦殺人事件に関して警察を非難する3枚の看板が立った。看板を作ったのは事件で娘を失ったミルドレッド・ヘイズ。町の警察署長であるウィロビーは彼女を説得するが失敗、3枚の看板は田舎町に波乱を呼び込んでいく
(しげる)

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「アカデミー賞主要6部門7ノミネート「スリー・ビルボード」 は想像の斜め上を行く、ギョッとする」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    一般受けはしなさそうだが、面白そうだ❗

    3
  • 匿名さん 通報

    この映画に関しては警察が何もしないことに対する抗議という程度の認識しかないのだが、そんな安直なストーリーで終わるようなら、アカデミー候補には挙がらないだろう。どんなラストなのかは気になる作品。

    1
  • 匿名さん 通報

    3回もギョッとしたらサカナ君が特別出演しそう。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「アカデミー賞」に関する記事

「アカデミー賞」に関する記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年2月8日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。