ねごと 全国16カ所をまわる全国ツアーが開幕

ねごと 全国16カ所をまわる全国ツアーが開幕
Photo by AZUSA TAKADA
ねごとの全国ツアー「ねごとワンマンツアー2018『SOAK』」が2月9日(金)東京・LIQUIDROOM ebisuを皮切りにスタートした。ねごとは昨年フルアルバムを2枚、シングルを2枚発表。最新フルアルバム『SOAK』リリースと同日には、これまで沙田瑞紀(Gt)が手掛けてきたリミックスをまとめた作品集『Mizuki Masuda Remixes』が配信限定でリリースされた。2018年に入り蒼山幸子(Vo,Key)が夢みるアドレセンスへ楽曲提供、沙田がSCANDALの楽曲プロデュース、バンドとしてはチャットモンチーのトリビュートアルバム『CHATMONCHY Tribute ~I Love CHATMONCHY~』に参加するなど、精力的な音楽活動を続けている。

ツアー初日は開演前の客入れBGMや登場SEも含め、彼女たちの現在のモードが反映された、非常に音楽的で濃密な時間だった。メンバーがステージに現れたときの晴れやかな表情からも、4人全員がこの日を待ちわびていたことがよくわかる。穏やかでやわらかいイメージや人柄でありながら、じつは熱い信念が核にあるのもこのバンドの特徴のひとつ。ライブはそれをダイレクトに感じる空間だ。

4人は基本のバンドセットに加え、シンセ、シンセベース、ラップトップ、ドラムパッドなどを巧みに使い、本編では「DANCER IN THE HANABIRA」「水中都市」「アシンメトリ」「サタデーナイト」などの楽曲をエモーショナルでダンサブルな音像で体現。「ETERNALBEAT」などをリミックスアレンジでライブ演奏するという試みや、ドラマチックな導入など、隅々にまで彼女たちの音楽的な美学が反映されていた。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース