review

「わろてんか」111話。素直じゃない男たちの面倒くさいドラマが、視聴者の度量を試す

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第20週「ボンのご乱心」第111回 2月13日(火)放送より。 
脚本:吉田智子 演出:鈴木 航
「わろてんか」111話。素直じゃない男たちの面倒くさいドラマが、視聴者の度量を試す
イラスト/まつもとりえこ

110話はこんな話


キース、アサリ(大野拓朗、前野朋哉)がコンビ別れすることになった。

ときどき、揺さぶりをかけてくる


唐突にシリアスな雰囲気ではじまった。

風太「おまえらコンビ別れしてくれ」
カチカチカチ・・・と時計の音だけが小さく聞こえ・・・
キース、アサリ「えーー」の声に従業員たちがズッコケ。
てん「どないしたん?」
松たか子の主題歌。
すごい流れだ。ズッコケはこれで3回目か。
「わろてんか」、こんなふうにときどき、揺さぶりをかけてくる。

風太は真面目に100年先の漫才のことを考えて、大阪と東京にキースとアサリ、ふたりを分けて、客倍増を狙っていた。
てん(葵わかな)はそれに反対するが、マンマンで北村笑店の歴史をみんなで振り返ると(ちょうど、万丈目〈藤井隆〉が会社の25年史を編纂中)、藤吉は常に改革してきた人だったことが思い出され、てんも迷い出す。さらに、栞(高橋一生)にまで風太の判断が正しいと言われ・・・。

あれれ、リリコとシロー(広瀬アリス、松尾諭)コンビを作り上げたてんが藤吉のような改革派で、風太が保守派かと思っていたら、
うでもなかった。
どうやら、このふたりはガッチガチに生き方の指針を決めているわけではなく、そのときそのときの状況や感情で、改革派のようになったり保守派のようになったりしながら生きている。それをひとは設定が定まっていないと思うかもしれないが、人間、そんなにしっかりしているものでもない。たいてい迷いながらより良い道をみつけていくものだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「わろてんか」111話。素直じゃない男たちの面倒くさいドラマが、視聴者の度量を試す」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    >なんも言わずに哀愁を漂わせるのが濱田岳の魅力だ。  その手の雰囲気漂わせるのは、上手いですよね。

    6
  • 匿名さん 通報

    濱田岳はアドリブをやりたがることでも有名なので、やたらとうるさく怒鳴り散らしているのも、アドリブとまではいかないまでも、濱田岳本人が好きでそうしているのかもしれませんよ。

    2
  • 匿名さん 通報

    無理すんなw

    0
この記事にコメントする

「わろてんか + 広瀬アリス」のおすすめ記事

「わろてんか + 広瀬アリス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

わろてんか

わろてんか

NHK連続テレビ小説「わろてんか」のレビュー連載。

2018年2月14日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. わろてんか 広瀬アリス

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。