review

「わろてんか」112話。恋と仕事に揺れる隼也(成田凌)が朝ドラヒロインみたい

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第20週「ボンのご乱心」第112回 2月14日(水)放送より。 
脚本:吉田智子 演出:鈴木 航
「わろてんか」112話。恋と仕事に揺れる隼也(成田凌)が朝ドラヒロインみたい
イラスト/まつもとりえこ

112話はこんな話


隼也(成田凌)がマーチン・ショウの代理人と出会い、日本公演の光が見えてきたかのように思えたが・・・。

仕事と恋がいっぺんに


隼也が栞の会社で働き始めると、マーチン・ショウの関係者から連絡が入る。
大喜びで栞(高橋一生)に報告するが、たくさん企画が持ち込まれるので、ひとつひとつにちゃんと目通ししないといけないとつれない。

だがどうしても気になる隼也は、電話を掛け直し、独断で、代理人ジェイソン・ハミル(ブレイク・クロフォード)と会う。そこには通訳の加納つばき(水上京香)も同行していた。
ハミルは「これは運命だ」と言い、名刺を差し出す。
勇んで、てん(葵わかな)や風太(濱田岳)に相談に行く隼也。
女の人のあられもない姿満載のマーチン・ショウのパンフレットを広げて、トキ(徳永えり)が「はしたない」と飛鳥(森本くるみ)ちゃんの目を覆うエピソードがベタだが微笑ましい。飛鳥ちゃん、かいらしなあ。

みんなが集まる北村家の居間は、藤吉の仏壇のある部屋で、大事な話をいつも藤吉も聞いているような感じがする。この部屋にはいつも明るい日差しが注いでいる。

契約には5万円(いまの1億円)かかると聞いたてんは、 自分たちのやってきた興行は、人と人とのつながりで成り立っているものだから、まずは相手とよく知り合って・・・と言い、風太は、いまは栞の会社に預かってもらっているのだから、栞に聞くべきと諭す。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「わろてんか」112話。恋と仕事に揺れる隼也(成田凌)が朝ドラヒロインみたい」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    ライターさんは ”主人公”じゃなくて、わざと”ヒロイン”と書いているんですよ。そこを読みとってあげてください

    7
  • 匿名さん 通報

    >男子が朝ドラヒロインになってもいいのかもしれない。  昔、男性が主役の朝ドラ(男+女でなく単独)があり(走らんか、だったかな)、視聴率等振るわず、以来作られずと、記憶しておりましたが。

    4
  • 匿名さん 通報

    ハミルの宿泊先が「大急ホテル」と書かれていて、べっぴんさんを思い出して思わずニヤリ

    0
この記事にコメントする

「わろてんか + 広瀬アリス」のおすすめ記事

「わろてんか + 広瀬アリス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

わろてんか

わろてんか

NHK連続テレビ小説「わろてんか」のレビュー連載。

2018年2月15日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. わろてんか 広瀬アリス

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。