review

「わろてんか」119話。おなじみ、道ならぬ恋展開へ

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第21週「ちっちゃな恋の物語」第119回 2月22日(木)放送より。 
脚本:吉田智子 演出:東山充裕
「わろてんか」119話。おなじみ、道ならぬ恋展開へ
イラスト/まつもとりえこ

119話はこんな話


マーチン・ショウの成功を信じて、てん(葵わかな)たちが企画をすすめる中、隼也(成田凌)とつばき(水上京香)の恋が暗礁に乗り上げて・・・。

負けへん勝負


はりきってプレゼンしたものの、共同出資が期待できず、栞(高橋一生)は自分の会社・伊能商会で資金を出すと言い出す。だったら、北村笑店も出資するとてん。
マーチン・ショウは絶対当たると強気な栞に「負けへん勝負やったらのらなしゃあない」と風太も覚悟を決める。
その頃、文芸部では、まだ25年史を編纂中で、楓(岡本玲)は、社史の最後は「マーチン・ショウ公演 大成功」としようと前向き。
「うちら作家は 言葉で夢を生み出すんが仕事だす」
「信じる力が成功を生むんや思います」
そう矜持を語る。
“言霊”というのがありまして、
例えば、お祈りするとき、「〜〜しますように」ではなく、「〜〜します」「〜〜しました」と叶った前提にしてしまうほうが叶いやすいというのも、言霊の考え方にもとづいているものと思われる。前向きなのはいいことだが、思い込み過ぎることには注意したい。

恋の迷い路


隼也とつばきの仲は、マーチン・ショウの話題を通じて、いい感じだったが、あるとき、急につばきが冷たくなり、「さよなら」と意味深に言って去って行ってしまった。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年2月23日のレビュー記事
「「わろてんか」119話。おなじみ、道ならぬ恋展開へ」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    >飛び石などは  気づきませんでした

    2
  • beer 通報

    隼也が何度も、つばきに渡そうとしていた物が、以前の栞のへその緒が入った小箱と同じ大きさだったので「中身は隼也のへその緒かよ!」って久々に笑えた。

    1
  • 匿名さん 通報

    三人の中でお母さんが一番若く見えるってありなの?

    1
  • 霧ヶ峰 通報

    マンハッタン?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

わろてんか

わろてんか

NHK連続テレビ小説「わろてんか」のレビュー連載。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース