review

「西郷どん」7話。篤姫の「恐ろしいような縁談」西郷さんの「つましい婚礼」

大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 NHK 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 

第7回「背中の母」2月18日放送  演出:岡田 健
「西郷どん」7話。篤姫の「恐ろしいような縁談」西郷さんの「つましい婚礼」
『角川つばさ文庫版 西郷どん』西郷隆盛の物語

亡くなったのは、母だけではなかった


ここ数回、「西郷どん」を見ていると、脚本家の中園ミホは、大河ドラマであえて時代物ではなく、世話物路線を選択したのではないかと思えてくる。
世話物とは、市井の人々の生活を通して繰り広げられるヒューマン・ドラマのようなもの。
7話は、吉之助の家族の物語で、世話物感が極まった。視聴率は14.3%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)。

「瞼の母」のようなサブタイトル「背中の母」及び先週の予告から、母・満佐(松坂慶子)の身に不幸が起こるのであろうと容易に想像できたが、一筋縄ではいかないのが中園脚本。
まず、タイトルバック明け、嘉永5年、夏、祖父・龍右衛門(大村崑)が亡くなったとナレーション(西田敏行)が入る。
祖父の心残りは、吉之助(鈴木亮平)の嫁と孫を見ることができなかったことだと、にわかに吉之助の結婚計画が進行し、父・吉兵衛(風間杜夫)が張り切りだす。

吉之助は、家が貧乏過ぎることも心配の種だし、島津斉彬(渡辺謙)について江戸で働きたいという若者らしい大志もあって、未だ嫁どころではないが、満佐が龍右衛門から病を移されて具合悪くなり、一刻も早く嫁をもらわないといけなくなってしまう。
こうして、同じ町内の伊集院家の娘・須賀(橋本愛)を娶ることになる。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年2月25日のレビュー記事
「「西郷どん」7話。篤姫の「恐ろしいような縁談」西郷さんの「つましい婚礼」」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    >世話物より、時代がダイナミックに動いていくドラマをやっぱり見たい・・・かも。 個人的にはそういう展開は見飽きているので、家族の視点から幕末の英雄を描く、という話が見たいです。

    2
  • 匿名さん 通報

    明治維新の話は男が表舞台で活躍する話がおおいので内側から支える家族目線の話があってもいい。

    2
  • 匿名さん 通報

    もう江戸編になるの?

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ごちそうさん」のニュース

次に読みたい関連記事「ごちそうさん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「じぇじぇじぇ」のニュース

次に読みたい関連記事「じぇじぇじぇ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

西郷どん

西郷どん

『西郷どん』は鈴木亮平や橋本愛らが出演するNHKの大河ドラマ。極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(西郷どん)が、明治維新を成し遂げていく物語。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース