smadan

「50代社員の扱われ方が、あなたの将来」 就活解禁で大人がSNSでリアルなアドバイス

「50代社員の扱われ方が、あなたの将来」 就活解禁で大人がSNSでリアルなアドバイス

「日本経済団体連合会」加盟企業による会社説明会が3月1日、解禁された。これに伴い2019年春卒業予定の大学生の就職活動が本格的に始まったのだが、就活解禁に際しSNSでは社会人のリアルなアドバイスが多数投稿されている。

全国の就活生に大人からのリアルなアドバイス


日本経済新聞の記事によると、今年の就活は学生優位の売り手市場を背景に、早くも争奪戦の様相を呈しているという。とくにIT人材を巡っては外資系企業を交えた戦いがヒートアップしているようで、中国の通信機器メーカー大手「華為技術」は競合する日本メーカーの2倍近い初任給を提示。また同紙の取材によると、初日で内定を2つもらった学生もいたそうだ。

以前と比べると学生の就活はハードルが低くなっているようだが、それでもやはり「OBとか先輩に繋がりないし、ぼっち就活になりそうだから心配」「売り手市場ならではのプレッシャーってあると思う」「さっそくお祈りメールもらった! これは最速記録では?」と今後の行く末を不安視する声も。そんな就活生に向けて、ネット上の大人たちからは様々なアドバイスが寄せられている。

例えば「未来の働き方を考えよう」などの書籍を執筆してきた文筆家のちきりんさんは、Twitterで「就活する学生さんは、バブル入社組の先輩である今の50代前半の社員がその会社でどういう扱いをされてるか、よーく見てから会社を選べばよいと思う」とアドバイス。「今の50代社員の扱われ方が、あなたの将来の姿だから」と、売り手市場に沸く若者たちに注意を喚起した。



またビジネスライトノベル「異世界コンサル株式会社」の著者・ダイスケさんは、面接で話すネタに悩む就活生に向けて助言。「採用部門の人は広告予算と時間の配分に悩んでます」「ですが入ってくる情報はリク○○経由ばかり…」「あなたが使うSNS、よく見るサイト、よく行く場所などを本音で教えてあげると、とても喜ばれますよ」とツイートしている。



SNSを利用するのは就活生だけじゃない!?


その他、SNSなどでは「先輩の助言も大事だけど、採用された後のことを考えたら四季報とかもちゃんと見といたほうがいい」「『私服OK』って言われたら迷わず私服で行け」「ぼっちも就職エージェントを上手く利用するば十分戦える」「合同説明会で可愛い女の子と知り合ったら勇気を出して連絡先を交換しろ」といったアドバイスが。

一方で雇う側の企業もSNSを活用しており、例えば「セメダイン」は公式Twitterに「就活が本格スタートですね。接着剤メーカーで働くってイメージわきづらいかな? と思ったりするので、中の人的、接着剤メーカーの魅力とかをヒッソリ呟こうと思います」と投稿していた。



あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月2日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。