菅原卓郎×内澤崇仁が円形ステージで競演 回るステージで“回る”楽曲の披露も

菅原卓郎×内澤崇仁が円形ステージで競演 回るステージで“回る”楽曲の披露も
菅原卓郎×内澤崇仁<br />撮影/高田 梓
ロックシーンで活躍するアーティストがたった一人でステージに立ち、楽器と声のみで勝負するライブシリーズ『ぴあ presents STAND ALONE supported by uP!!!』。第7弾は、菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)と内澤崇仁(androp)のツーマンとなった。本格的な弾き語りライブは初だという内澤が、心強い相手として指名したのが、公私ともに仲がいいという菅原だ。ちょっと意外な組み合わせのように思えたが、このステージではお互いに信頼し、アーティストとしてリスペクトし合っている様子を感じることができた。

『STAND ALONE』の会場であるクラブeXは円形ステージで、なおかつ回転させることも可能ということで、これまでの出演者もこの装置を存分に使ったステージングで観客を沸かせてくれたが、二人も“回る”にちなんだ曲やサプライズを準備してきたりとノリノリで、普段のバンドでのライブでは見せないような姿も微笑ましかった。

大きな歓声に迎えられてまずステージに登場したのは、菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)。「androp、内澤くんのご指名でやってきました、菅原です」という挨拶から、1曲目は9mmの「黒い森の旅人」。じっくりと、曲のストーリーを語りかけるように歌う声は、ジェントルで魅力的だ。バンドではアクロバティックとも言える激しいアンサンブルで、轟音で体を震わせるが、その曲をギター1本で静かに深く深く響かせる。観客が瞬く間に、その歌に吸い込まれていくのがわかる。

あわせて読みたい

  • B'z『LOOSE』は9mmの原点!?/インタビュー

    B'z『LOOSE』は9mmの原点!?/インタビュー

  • 9mm VS スカパラ 互いのリスペクトを確かめ合った両バンドの雄姿/ライブレポート

    9mm VS スカパラ 互いのリスペクトを確かめ合った両バンドの雄姿/ライブレポート

  • androp 全21公演のライブハウスツアー開幕 「タフになって帰ってきます」

    androp 全21公演のライブハウスツアー開幕 「タフになって帰ってきます」

  • miwa アリーナツアー開幕、サプライズゲストにスコット&リバースとandrop内澤が登場

    miwa アリーナツアー開幕、サプライズゲストにスコット&リバースとandrop内澤が登場

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年3月5日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら