review

亀梨和也「FINAL CUT」最終回に向けてハードルをあげまくる8話、よくわからないよドキドキ

亀梨和也主演のドラマ、フジテレビ系「FINAL CUT」(関西テレビ制作、毎週火曜21時~)第8話。
亀梨和也「FINAL CUT」最終回に向けてハードルをあげまくる8話、よくわからないよドキドキ
イラスト/Morimori no moRi

12年前、主人公の中村慶介(亀梨和也)は、ワイドショー「ザ・プレミアワイド」の情報操作によって、保育園の園長を務めていた母親の早川恭子(裕木奈江)を女児殺害事件の犯人扱いされて失ってしまう。時を経て慶介は、幼なじみの野田大地(高木雄也)と共に、番組関係者と真犯人と見られる小河原祥太への復讐を企てる。

あやふやな印象の8話



8話はちょっとよくわからないシーンが多かった。祥太を炙り出すため、小河原家を脅したい慶介。しかし、愛してもいない若葉(橋本環奈)を巻き込まないよう遠ざけたのに、愛しているはずの雪子(栗山千明)を得意のファイナルカットでハメようとする。結局は情にほだされて雪子を追い詰め切れなかったが、それだったら最初から若葉を利用した方が早いし簡単だし楽なはず。

若葉が精神的に病んでいることを察知していたから避けたとしても、事件に詳しそうな小河原兄妹の両親を直接脅せばいいのに、なぜよりによって雪子なのだろう?冷酷なのか情に厚いのかよくわからない。次の段階へ進むために、雪子と決別したかったということなのだろうか。

女児殺害事件の被害者しほちゃんのお母さんの感情もよくわからない。慶介のことをしほちゃん殺しの犯人の息子と思い込んでいることから、敵意をむき出しにするのはわかる。だが、慶介がしほちゃんの折り紙から真犯人のヒントを見つけると、何も疑問を持たずに、しほちゃんのお母さんは急に協力的な態度を取った。娘を失ったことで、精神的に不安定になったという描写なのか。なんだかよくわからない。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年3月13日のレビュー記事
「亀梨和也「FINAL CUT」最終回に向けてハードルをあげまくる8話、よくわからないよドキドキ」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    脚本演出演技、どれをとっても近年稀に見る気の毒な仕上がり。こんなのでも始まってしまえば最終回までタレ流し。視聴者も時間を割いているのだから次はもっとマシな物作ってね。

    3
  • 匿名さん 通報

    最終回の最後の対決、逆転裁判かよと

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

FINAL CUT

FINAL CUT

『FINAL CUT』はフジテレビで放送されているテレビドラマ。亀梨和也が演じる主人公・中村慶介が、母親を殺人事件の犯人かのように扱い、死に追い込んだテレビ番組関係者に復讐していく物語。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース