review

「FINAL CUT」最終話。山崎育三郎かよ!まあ、亀梨和也の演じ分けに言いたいことは詰まっていた

亀梨和也主演のドラマ、フジテレビ系「FINAL CUT」関西テレビ制作、毎週火曜21時〜)最終話。
「FINAL CUT」最終話。山崎育三郎かよ!まあ、亀梨和也の演じ分けに言いたいことは詰まっていた
イラスト/Morimori no moRi

12年前、主人公の中村慶介(亀梨和也)は、ワイドショー「ザ・プレミアワイド」の情報操作によって、保育園の園長を務めていた母親の早川恭子(裕木奈江)を女児殺害事件の犯人扱いされて失ってしまう。時を経て慶介は、幼なじみの野田大地(高木雄也)と共に、番組関係者と真犯人の小河原祥太への復讐を企てる。

終始もったいない山崎育三郎


とにかく要素の多い最終回だった。ジェットコースターのようなめまぐるしい展開ともいえるが、そのせいでちょっとよくわからない部分も目立ってしまった。

若葉(橋本環奈)の自作自演により逮捕されてしまった慶介は、罪が晴れるとその状況を利用したあるトリックを思いつく。このトリックは、このドラマ最大の目玉のような部分なのであえてネタバレはしないが、過去の伏線をいくつも利用する見事なものだった。しかし、その効果が不自然なほどに絶大過ぎた。

12年前の事件の犯人が捕まったと思い込んだ小河原祥太は、数年ぶりにシアトルから余裕の帰国。自分が真犯人なのに、犯人が捕まって安心するという謎の心理状態を見せる。帰国した理由が謎のため、祥太の正体、山崎育三郎のカッコいい初登場シーンも素直に観ることが出来ない。「山崎育三郎かよ!」というインパクトだけで押し切った印象だ。

ここで満を持して慶介が登場する。真犯人との初対面だ。任意での事情聴取を求めるが、「ザ・プレミアワイド」スタッフが現れると、あんなにキメキメで堂々としていた慶介が突然あたふたしだす。さらには、小河原達夫(升毅)に法律家っぽいことを言って追い払われてしまう。ここら辺はなんだかかわいい。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年3月14日のレビュー記事
「「FINAL CUT」最終話。山崎育三郎かよ!まあ、亀梨和也の演じ分けに言いたいことは詰まっていた」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    亀には本当に今後は主演に拘らずきちんと取り組める仕事を積み重ねて欲しい。この調子では枯渇しきってしまう。やばい。

    3
  • 匿名さん 通報

    犯人役、柄本明の息子(兄)とか、ムロツヨシでよかったのに。

    1
  • 匿名さん 通報

    小出恵介か成宮寛貴で良かった。

    0
  • 匿名さん 通報

    高畑裕太も。

    0
  • 匿名さん 通報

    ムロツヨシはダメだ。絶対笑うわ

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

FINAL CUT

FINAL CUT

『FINAL CUT』はフジテレビで放送されているテレビドラマ。亀梨和也が演じる主人公・中村慶介が、母親を殺人事件の犯人かのように扱い、死に追い込んだテレビ番組関係者に復讐していく物語。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース