bit

大阪のおばちゃんとフランス人の笑いのツボは一緒 林家染太とシリル・コピーニに聞く海外での落語

大阪のおばちゃんとフランス人の笑いのツボは一緒 林家染太とシリル・コピーニに聞く海外での落語

日本を代表する芸能である落語。落語の「笑い」は、日本と異なる言語・文化圏で、どのように受け取られるのか。海外公演の経験が豊富な落語家・林家染太さんとフランス人落語パフォーマーのシリル・コピーニさんに、日本とフランスにおける落語の受け取り方の違いについて、うかがった。

優しく笑いを取れる落語は新鮮に映る


――染太さんとシリルさんはフランス各地を公演中(取材時3月の時点)ですが、舞台での感触について聞かせてください。日仏の観客の間で笑いのツボに違いはありますか? 
 染太 フランスで落語をする前のイメージでは、日仏で笑いのツボは断然違うと思っていました。しかし、いざ高座に上がってみると、大阪のおばちゃんの笑うツボとフランス人のツボが、まったく一緒なんです。英語で落語をするときも同じです。ボケとツッコミ、ベタな笑いというものは国境を越えると感じました。「ベタ is better」です(笑)。

――国が変われば笑いの取り方やコメディの種類も変わってきます。落語の「笑い」とはどういうものだと思いますか? 
 染太 落語の笑いは「優しい笑い」ですよね。もともとが庶民を対象にして笑いのため、そこまで難しい話をしないということもありますが、人を傷つけることがありません。そういうところは万国で共通して感じてもらえるかなと思います。以前、海外公演でお客さまに「落語というのは幸せな笑いであり魔法の言葉だ」と感想を言われたことがありました。この人は良いことを言うなと思って、それから私がその言葉を拝借しています(笑)。
大阪のおばちゃんとフランス人の笑いのツボは一緒 林家染太とシリル・コピーニに聞く海外での落語


 シリル 特にフランスの笑い、ユーモアは人を傷つけないと笑いを取れないブラックユーモアの色がとても濃いです。政治家に対する皮肉などですね。そういう環境で落語をすると、優しく笑いを取れることがフランス人にとって新鮮に映ります。もちろん、そういう笑いを「全然面白くない」と言うフランス人もいるでしょう。一方で「この笑いは素晴らしい」と言ってくれる人もいる。後者の方が多いですね。

 染太 スタンドアップコメディの観客は大人が多いです。しかし、こういう催し(記者注:今年3月にフランスのトゥールで行われた日本イベント「ジャパン・トゥール・フェスティバル」のこと)では、小さな子どもから年配者まで会場に来ている。落語ならすべての世代で笑えます。これが落語のパワーだと思います。
大阪のおばちゃんとフランス人の笑いのツボは一緒 林家染太とシリル・コピーニに聞く海外での落語


――落語の演目はいろいろありますが、海外で話すときは日本の内容をそのまま訳すのでしょうか? 
 染太 そのまま訳すことはしないです。リズム感なども大事ですし。傾向としては、アクションが多く分かりやすいストーリー展開だと受けやすいです。物を食べる仕草などあれば、なお伝わりやすいです。

 シリル 違う文化背景を持つ人々の前で、日本人に話すように高座をしても理解は難しいです。それぞれ持っている文化背景が違いますから、言葉や状況を説明する工夫をある程度しないと面白さは伝わりません。良い例に「法事の茶」という落語があります。この演目は、魔法のお茶の葉を火鉢であぶってお茶をいれると、煙が出てきて、そこからさまざまな人が出てくるという話しです。

 染太 ある時、若旦那がお茶の葉を買ってきて「芸者よ出てこい」とあぶってお茶を入れたら、芸者ではなく、すでに他界していた若旦那の父親が現れて「遊んでばかりいるんじゃない!」と怒られてしまった。そこで若旦那は「なぜ父親が出てきたんだろう」と不思議に思い、太鼓持ちに聞くと、太鼓持ちは「そのお茶を十分に火であぶりましたか?」と若旦那にたずねる。若旦那は「いいや、時間がなかったからいい加減にあぶった」と言うと、太鼓持ちに「最近、墓参りしていませんよね? 法事(焙じ)が足りません」と落ちます。そのまま訳しても伝わりませんよね。

 シリル 無理ですね。

 染太 そこで状況を変えます。芸者に会いたいという状況を「初恋のあつこちゃんに会いたい」と変えます。「あつこちゃん出てこい」と念じて、どんどんお茶を湯飲みに入れたら、お茶を入れ過ぎて、湯飲みからこぼしてしまった。そしたら、すでに亡くなっていた「たつこ」という名前のお母さんが出てきて「ちゃんと働かんかい」と怒られた。なぜお母さんが現れたと思いますか? Atsuko(あつこ)がTatsuko(たつこ)になったのは「Too much tea:ティー(T)が多過ぎ」だったから(笑)。

 シリル これは英語の場合ですが、フランス語でも使えます。フランス語でお茶は「テ」、フランス語のアルファベット「T」の発音は「テ」ですから。
大阪のおばちゃんとフランス人の笑いのツボは一緒 林家染太とシリル・コピーニに聞く海外での落語


あわせて読みたい

  • ネコに魅入られた落語家の猫写真

    ネコに魅入られた落語家の猫写真

  • パリのたい焼き専門店 仏人の反応

    パリのたい焼き専門店 仏人の反応

  • 『この世界の片隅に』仏の反応は?

    『この世界の片隅に』仏の反応は?

  • パリの全裸レストラン現地の反応は

    パリの全裸レストラン現地の反応は

  • コネタの記事をもっと見る 2018年3月26日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース