仮想通貨取引所「バイナンス」に金融庁が警告! ユーザーに動揺走る
画像はイメージです。

金融庁は3月23日、香港に本社を置く世界最大級の仮想通貨取引所「Binance」に警告を行ったと発表した。日本のユーザーの間では、「バイナンスが使えなくなると困る…」と動揺が広がっている。

優良取引所として有名な「Binance」に警告!?


発表によると、金融庁は「Binance」を“無登録で仮想通貨交換業を行う者”とし、インターネットを通じて日本居住者を相手に仮想通貨交換業を行っていたことに対して警告。仮想通貨交換業は内閣総理大臣の登録を受けなければ行えないのだが、「Binance」は無登録のまま日本で営業していたという。

警告に従わない場合、金融庁はどのような対応をするのか。金融庁の「事務ガイドライン(第三分冊:金融会社関係)」によると、警告を発したにも関わらず是正されない場合は、必要に応じて捜査当局に告発を行う場合もあるそうだ。

同日、「Binance」のCEOチャオ・チャンコンさんは、Twitter上で金融庁から通知を受けたと報告。「我々の弁護士が直ちに日本の金融庁と連絡をとり、解決策を探っている」「ユーザーの利益を保護することが、我々の最優先事項だ」とアナウンスした。



ちなみに3月23日に掲載された日経の記事には、金融庁が警告した背景について「投資家が損害を被る恐れがあると判断した」と記載されている。金融庁は未登録業者として「Binance」を警戒しているようだが、同取引所は利用者から多くの信頼を獲得している模様。ネット上では「投資家が損害って…、国内の取引所の方が『Binance』よりずっと危険でしょ」「これはどうなるんだろう。『日本移住者はバイナンスを使えません』ってなるのは最悪」といった声も。

“神対応”に定評がある「Binance」に期待の声


これまでの「Binance」の評判を見てみると、「とにかく利用者のサポートが丁寧」「手数料がめっちゃ安い」「運営が本当に有能」「サイトが使いやすい」といった声が多い。また様々な“神対応”も話題になっており、今年2月にはメンテナンスのお詫びとして「手数料70%OFF」を実施。日本のユーザーからは「はい有能」「日本よ、これが取引所だ」「コインチェック見てるか?」といった声が続出した。

そのため今回の騒動にも、「バイナンスさんなら何とかしてくれるはず…」「数週間以内にはいい感じに話をまとめてくれそう」「とにかく使えなくなるのは困るし、日本の金融にとってもマイナス。今回も神対応を見せてほしい」「日本を切らないで…」と期待の声が上がっている。