smadan

データで働き方改革? 職場での行動やコミュニケーションを可視化してわかったこと

データで働き方改革? 職場での行動やコミュニケーションを可視化してわかったこと
センサーデバイスを持って説明するリクルートワークス研究所の城倉亮氏

リクルートワークス研究所は、2017年6月にDeNA Games Osaka(現DeNA)とセンサーデバイスを使用した共同実証実験を行った結果を先日発表した。音・動き・場所の情報から、職場でどのような交流やコミュニケーションが行われているか可視化することを試み、結果、被験者が認識していた自分の行動・会話のスタイルと、センサーデバイスで得られたデータに1/3以上のズレが生じていることが明らかになった。
同研究所によると、客観的に取得されたデータから導かれる検証により、多くの企業が認識している課題である「働き方改革」「人材配置・育成」に活用が可能だという。


時間配分やコミュニケーションの割合を可視化


今回の実験では、監視・管理されているという認識を与えないように、丁寧に説明会を行い、口頭・書面で同意を得て、全社員の7割である約50名が参加。行動データを取得する前に、自身の行動内容やリーダーシップのタイプについて25問のアンケートを実施。センサーデバイスで得られた情報と照会し、自己認識と実際の行動との差を検証した。

実験で明らかになったことは主に以下の3点。

(1)1日のオフィス内勤務における平均時間配分の可視化
同研究所所属で発表者の城倉亮氏が「基本的にはゲーム会社の社員はパソコンに向き合うイメージがありましたが、会議が多かった」と話したように、長時間・短時間会議が多くの割合を占めていた。働く時間の内容が可視化されたことで、働く時間の「量」だけではなく、「質」を意識した働き方改革の取り組みが可能になる。
データで働き方改革? 職場での行動やコミュニケーションを可視化してわかったこと

「働く時間をどのように使うか、チームや個人で振り返るために、このデータは使えます。想定以上に会議が多ければ、会議の内容や時間配分を考え直す一つのキッカケになればいい」(城倉氏)

(2)マネージャーと部下とのコミュニケーションの割合の可視化
マネージャーが、本人はまんべんなく部下とコミュニケーションを取っていると認識しつつも、偏りがあることも可視化された。
データで働き方改革? 職場での行動やコミュニケーションを可視化してわかったこと
※データはサンプル

実際に実証実験に参加したデザイン部の社員は「いろいろなメンバーと話しているかなと思っていました。でも実際のデータを見てみると、特定の人とばかりと話していたことに気がつきました」と話したという。

今回の実証実験では、対面でコミュニケーションを行っている時の状態をセンサーデバイスで可視化したが、現在、さまざまな職場でテレワークやチャットツールでのコミュニケーションも広がっている。「対面のコミュニケーションならではの部分はもちろん重要だが、今後は、リアルとネットのコミュニケーション両方の状態を分析していく必要がある」と、城倉氏は分析している。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース