新体制の超特急がツアー最終日で見せた、輝く涙と笑顔、8号車との深い絆/レポート

 
新体制の超特急がツアー最終日で見せた、輝く涙と笑顔、8号車との深い絆/レポート
撮影/米山三郎、深野輝美

■超特急/【超特急ファンクラブイベント 2018 ~僕らの挑戦を見届けてツアー legend for days~ 】ライブレポート
2018.04.04(WED) at 東京・Zepp Diver city (TOKYO)
(※画像13点)

オリコン週間チャート1位を記録し、アリーナツアーも行えるまでに成長した超特急。今年1月に突如メンバーの脱退という衝撃の展開を見せた中で開催された『ファンクラブイベント2018~僕らの挑戦を見届けてツアー legend for days~』。ファイナルで6人が魅せたステージは、想像をはるかに超えるものだった。

リョウガの巧みな場内アナウンスで8号車(超特急ファンの愛称)の笑顔が溢れる中、緞帳垂れるステージにユースケが登壇。「この日を楽しみにしてたよ! みんなは声、どれくらい出せるかな? 聞かせて! みんな頼むぞ! では、『僕らの挑戦を見届けてツアー legend for days』スタート」と、高らかに開幕を宣言。
新体制の超特急がツアー最終日で見せた、輝く涙と笑顔、8号車との深い絆/レポート
撮影/米山三郎、深野輝美

ユースケのGOサインと共に幕が開き、そこにはバンドスタイルの超特急が! 意表を突かれた観客は、一瞬息を飲んだ。ユーキが「最高の1日にしようぜ」と叫べば、リョウガは「伝説の1日にしよう」と呼びかける。新体制ツアーの大切な1曲目「Clap Our Hands!」で、アコースティックギターを奏でるのはタカシ、エレキギターはカイが弾き、リョーガはベース、ユーキはドラム、キーボードはタクヤが担当した。驚いたことに、短いながらも各メンバーがソロも披露したではないか。ボーカルのユースケは元気いっぱいに、8号車へ歌いかけていた。...続きを読む

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年4月6日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース