稀代のエンターテイナーWOOYOUNG(From 2PM) 前代未聞の“アンコール”公演

稀代のエンターテイナーWOOYOUNG(From 2PM) 前代未聞の“アンコール”公演
WOOYOUNG本人も「いきなり公演」とステージで表現するほど急遽決定し、ファンにとってはうれしいサプライズとなった『WOOYOUNG(From 2PM) SOLO CONCERT “EN? CALL! in Japan”』が4月12日(木)、グランキューブ大阪で大盛況のうちに最終公演の幕を閉じた。

TOKYO DOME CITY HALLで2日間、グランキューブ大阪で2日間、計4日間に渡って開催された同公演のサプライズは、それだけにはとどまらなかった。本公演は今年2月に韓国で開催されたソロ公演『EN? CALL!』がそのまま日本にやってくるという異色のコンサートで、無数のLED画面でド派手に彩られたステージですべての楽曲が韓国語で披露された。日本でリリースされたソロ作品の楽曲もすべて韓国語ヴァージョンで歌われるため、ファンにとっても新鮮かつ貴重な体験となった。しかもこの『EN? CALL!』は前代未聞の展開で観客を巻き込んでいった。

開演前、WOOYOUNGの登場を心待ちにする熱気に包まれた会場。暗転して聴こえてくるのは軽快なダンスミュージックと、まるでラジオのDJのような調子で話すWOOYOUNGの声。歓声がわきあがるも、まだWOOYOUNGは現れず何が起こるのかわからない。すると、まずはじまったのはWOOYOUNGの声によるサポートダンサーのメンバー紹介。「今日一緒に盛り上げてくれた仲間を紹介しよう~!」という具合で、オープニングなのにまるでコンサートのアンコールのスタートのような演出。自分のことも自分で紹介して、ついにステージ上に現れたWOOYOUNGは、「Party Shots」や「Superman」などアゲアゲのナンバー4曲を披露すると、「今日は本当にありがとうございました」とコンサートしめくくりの挨拶をして退場、そそくさと舞台袖に引っ込んでしまった。...続きを読む

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年4月15日の音楽記事
「稀代のエンターテイナーWOOYOUNG(From 2PM) 前代未聞の“アンコール”公演」の みんなの反応 1
  • koto 通報

    ソウルコンそのものが日本で見られるのは本当にありがたかったです。 会場隅々までの配慮に、より近くへ!と会場内通路を 練り歩く姿に感無量でした。 どの席にいても楽しめるのがウヨンコンサートの醍醐味です。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース