smadan

映画『いぬやしき』 木梨憲武 VS 佐藤健が最新の技術を駆使して新宿上空でバトル!

映画『いぬやしき』 木梨憲武 VS 佐藤健が最新の技術を駆使して新宿上空でバトル!
(C)2018「いぬやしき」製作委員会(C)奥浩哉/講談社

4月20日より公開中の映画『いぬやしき』。大ヒットした映画『GANTZ』の原作者・奥浩哉と監督・佐藤信介が再びタッグを組んで制作されたアクションエンターテインメント作品とあって、原作ファン、映画ファンからの期待も高い。

新宿の上空250メートルで繰り広げられるクライマックスのバトルシーンを始め、現在の映像技術があってこそ実写化が可能となったCGと生身の俳優の演技との融合や、人間が人間によって強くも弱くも変わって行くという物語としての意味深さなど、見どころは尽きない。

『いぬやしき』 ストーリー


映画『いぬやしき』 木梨憲武 VS 佐藤健が最新の技術を駆使して新宿上空でバトル!
(C)2018「いぬやしき」製作委員会(C)奥浩哉/講談社

サラリーマンの犬屋敷壱郎(木梨憲武)は、会社でも家でも厄介者。会社では年下の上司に罵倒され、家では苦労して新築の家を買うものの、妻の万理江(濱田マリ)や、娘の麻理(三吉彩花)、息子の剛史(福崎那由他)からは常にぞんざいな扱いを受けてる。そんななか、犬屋敷は突然、謎の墜落事故に巻き込まれ、機械の身体となってしまう。人間をはるかに超越する力を手にし、最初は戸惑いしかない犬屋敷だったが、やがてその力が人々の病気や怪我を回復させるとわかると、自分の存在意義を見出すようになる。
映画『いぬやしき』 木梨憲武 VS 佐藤健が最新の技術を駆使して新宿上空でバトル!
(C)2018「いぬやしき」製作委員会(C)奥浩哉/講談社

一方、偶然、犬屋敷とともに事故に遭った高校生の獅子神皓(佐藤健)は、手に入れた新しい身体を自分の思いに任せて活用していた。友人の安堂直行(本郷奏多)をいじめていたクラスメイトを痛めつけたり、鳥をゲームのごとく撃ち殺したりしていたが、ついには人殺しを実行。母子家庭の自分にはない、お金もあり、温かな愛情に満ちた一家を惨殺する。犬屋敷はその一家が助けを求める声を察知して現場に向かうが、獅子神にいとも簡単に打ちのめされてしまい、しかも自分の人を回復させる力が、死人には無力だということも知る。

そんななか、とある出来事をきっかけに、獅子神の惨殺行為が加速度を増す。それを止めたい直行の声を察知した犬屋敷は、二人で獅子神の暴走を止める手立てを考える。そして新宿を舞台に、犬屋敷と獅子神の戦いが始まる。

木梨憲武 VS 佐藤健、既存のイメージを裏切る演技に引き込まれる!


映画『いぬやしき』 木梨憲武 VS 佐藤健が最新の技術を駆使して新宿上空でバトル!
(C)2018「いぬやしき」製作委員会(C)奥浩哉/講談社

映画『いぬやしき』 木梨憲武 VS 佐藤健が最新の技術を駆使して新宿上空でバトル!
(C)2018「いぬやしき」製作委員会(C)奥浩哉/講談社

犬屋敷を演じる木梨は、16年ぶりの映画主演。笑いは一切なしで、白髪まじりの冴えないサラリーマンが、自分の存在意義と家族への思いを胸に立ち上がる姿を熱演している。対する獅子神を演じた佐藤は、昨年公開された『亜人』や、ヒット作『るろうに剣心』など、ヒーローの印象が強いものの、今回は悪役に挑戦。二人共、これまでのイメージを裏切るキャラクターを演じながらも、抜群の演技力でそれぞれの役に息を吹き込んでいる。

物語前半の犬屋敷は周りから疎まれるような存在で、何を言っても家族に相手にしてもらえない様子や、捨て犬に己の姿を重ねて愛情を注いでしまうところなど、ただただ見ていて切なくなる。微妙にずれたメガネ越しの視線や、丸く曲がった背中など、初老感たっぷりだ。そして、後半で見せる怒涛のアクションも、カッコいいというよりは、負けそうになりながらも吠え続ける子犬のようで、つい応援したくなる感じ。とにかくカッコ良いおじさん代表の木梨が、カッコ悪いおっさんに成り下がりながらも、奮闘する姿に引き込まれる。
映画『いぬやしき』 木梨憲武 VS 佐藤健が最新の技術を駆使して新宿上空でバトル!
(C)2018「いぬやしき」製作委員会(C)奥浩哉/講談社

悪役となる獅子神には、これまで背負ってきた環境や、狂気への引き金となる出来事など、肯定はできないが、同情できる要素がある。佐藤が見せるその切なさをまとった表情や、悲しみが怒りへと変わっていく様は、彼だからこそ表現できるものだ。これまでのアクション作品でも見せていた、その素晴らしい体躯は今作でも健在で、残虐でありながら、美しいさがあるアクションシーンは思わず見惚れてしまうくらい。どんなに残忍な行為をしても、獅子神が100%の悪人にならないのは、佐藤が演じた功績が大きいように思う。

CGが芝居する!? 最新の映像技術は必見


映画『いぬやしき』 木梨憲武 VS 佐藤健が最新の技術を駆使して新宿上空でバトル!
(C)2018「いぬやしき」製作委員会(C)奥浩哉/講談社

“新宿上空250メートルの超音速バトル”というキャッチフレーズもついている今作だけに、そのバトルシーンは必見。新宿を訪れたことがある人ならば目にしたことのある馴染みの風景が、次々と登場する。この新宿はすべてCGで作られたそうなのだが、リアリティがありすぎて逆にCGに見えないくらい。ユニカビジョンから獅子神が目の前の人々を撃ち殺して行くシーンなどは、「あの場所でロケをしたんだ」としか思えない仕上がりだ。
映画『いぬやしき』 木梨憲武 VS 佐藤健が最新の技術を駆使して新宿上空でバトル!
(C)2018「いぬやしき」製作委員会(C)奥浩哉/講談社

そして、そこを機械人間となった犬屋敷と獅子神が飛びまくりながら戦うのだが、機械と人間の融合がここまでリアルに見えるもの、最新の映像技術の賜物だ。腕から銃が出てきたり、背中からジェットエンジンが出てきたり、頭が分解されてしまったりするのだけれど、そこに現実感はなくとも違和感がない。それもそのはず、これは俳優が演技したものを素材にして、それをフルCGで表現するという新技術が使われているのだ。観ていても正直、どこまでが生身の俳優の映像で、どこからがCGかわからない。何度か観たらわかるのかも知れないが、そんな最新の映像を楽しみにするという見方も本作にはある。

迫力ある映像で魅せながら、家族や友達、大切な人たちへの愛も描く、映画『いぬやしき』は4月20日(金)よりロードショー。ぜひ劇場で堪能を。

文/瀧本幸恵

映画『いぬやしき』出没中ステッカーをプレゼント【終了】


本作の公開を記念して、映画『いぬやしき』出没中ステッカーを抽選で10名様にプレゼント! 応募方法は下記をご覧ください。
映画『いぬやしき』 木梨憲武 VS 佐藤健が最新の技術を駆使して新宿上空でバトル!

応募方法は下記の通り。


(1)スマダン(@suma_dan)の公式ツイッターをフォロー
(2)下記ツイートをリツイート
応募受付期間:2018年4月20日(金)18:00~2018年5月4日(金)17:59まで


※非公開(鍵付き)アカウントに関しては対象外となりますので予めご了承ください。
※当選者様へは、5月9日(水)にスマダンアカウント(@suma_dan)からダイレクトメッセージをお送りいたします。その際、専用フォームから送付先に関する情報をご入力いただきます。
※当選した方に入力いただく情報はエキサイト株式会社がプレゼント発送に使用するものです。また、提供された個人情報は、同社サービスに関する連絡に限定して利用されます。
※5月10日(木)までに返信をいただけなかった場合は、当選無効とさせていただきますのでご了承ください。

皆さんのご応募をお待ちしております!
(スマダン編集部)

作品情報


映画『いぬやしき』
4月20日(金)全国ロードショー
出演:木梨憲武、佐藤健、本郷奏多、二階堂ふみ、三吉彩花、濱田マリ、斉藤由貴、伊勢谷友介
監督:佐藤信介
原作:奥 浩哉「いぬやしき」(講談社「イブニング」所載)
公式サイト:http://inuyashiki-movie.com/
スマダンの記事をもっと見る 2018年4月20日のスマダン記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。