大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 NHK 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 

第14回「慶喜の本気」4月15日放送  演出:岡田健
「西郷どん」14話。視聴率が下がっているのは「大半、青い。」からかも
「西郷隆盛」 (学研まんが NEW日本の伝記)
いろいろある漫画で読む西郷さんのなかで、Amazonの出版社からのコメントに、幕末は、“開国と尊王攘夷、倒幕、佐幕、公武合体と、なかなかに難しい面もあります。本書では、入り組んだ幕末の政治状況もわかりやすくストーリーや資料ページの中に組み込み、歴史にはじめて親しむ読者のみなさんにも心から楽しめるようにしています。”とあったのでどんなものかと購入してみた。各ページの柱部分に「豆知識」が書かれていて、たしかにわかりやすい。でも、斉彬の死の描き方がじつにあっけなかった。

青春ドラマ過ぎる


西郷吉之助(西郷どん)は大久保正助(瑛太)を伴って熊本に向かい、ご重役や先生方に紹介したのち、正助は薩摩に戻り、吉之助は江戸に向かった。互いに頑張ろうと励まし合いながら。

13話から引き続いて青春ドラマのようにはじまった「西郷どん」14話は、視聴率11.9%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)だった。演出は「篤姫」もやっていた岡田健(「西郷どん」では7、8話につづいての登板)。

当初14%代をキープしていた視聴率がじょじょに下がっているのは、「立花登 青春手控え」かと思う「青さ」がネックになっているのではないだろうか。話が「大半、青い。」のだ。
迫りくる海外の脅威に対して、開国するか徳川家を守るか・・・とのっぴきならない深刻な事態であるにもかかわらず、一橋派VS南紀派の争いがかなり単純化されて描かれている。各々の思想や政策が具体性に欠け、主人公の吉之助が、「家族」「友情」「命は同じ」「命を賭ける」とかいう漠然としたムードに流されて行動しているので、食い足りない。いや、もちろん、「家族」「友情」「命」はとても大事なのだが、言葉だけがうわ滑っている印象なのだ。

例えば、14話では、橋本左内(風間俊介)が、いかに慶喜が優れた人物か人々に伝えるためにまとめた「一橋言行記」を、「命を賭けて」左内が書いたと吉之助は言う。