ねごと、音楽と映像が織りなす圧巻のツアーファイナル 「伝えたいことは全部音楽に」

ねごと、音楽と映像が織りなす圧巻のツアーファイナル 「伝えたいことは全部音楽に」
ねごとが4月21日(土)、渋谷 TSUTAYA O-EASTで「ねごとワンマンツアー2018 『SOAK』 TOUR FINAL」を開催した。ねごとは昨年1年でフルアルバムを2枚、シングルを2枚発表。今回のワンマンツアーは12月にリリースしたフルアルバム『SOAK』を引っさげ、全国16ヶ所で開催された。

オープニングSEから、プロジェクターにより投影された映像を背にメンバーが登場。序盤からバンドが奏でる演奏とシンクロする映像とともに「INSIDE OUTSIDE」「DANCER IN THE HANABIRA」など4曲を畳みかける。スタイリッシュで洗練された照明と映像は、彼女たちの持つ華や楽曲に宿る力強さと繊細さをさらに際立たせ、会場を一気にねごとワールドへと引き込んだ。

演奏形態は蒼山幸子(Key,Vo)を中心とした基本のバンドセットを軸として、沙田瑞紀(Gt,Cho)はシンセやラップトップ、サンプラーなど、藤咲 佑(Ba,Cho)はシンセベース、澤村小夜子(Dr,Cho)は電子ドラムパッドなども取り入れ、サウンドスケープを構築していく。時折、演出の軸を照明だけにシフトし、「WORLDEND」「school out」といったダンスチューン、そして久しぶりの披露に盛大なクラップが起きた「メルシールー」や「黄昏のラプソディ」など過去の楽曲も最新の楽曲と共に披露された。

会場内の熱気が益々上昇してきた中盤、一瞬の静寂を置きアルバム『SOAK』のラストを飾る「水中都市」がスタート。映像、照明、演奏、歌が重なり合いスケールの大きい幻想的な水中都市という空間を丁寧にエモーショナルに描き出す。蒼山の透き通るような歌声と、沙田、藤咲、澤村のコーラスが溶け合い、ねごと4人の美しいコーラスワークが会場を満たし、大きな拍手が沸いた。

あわせて読みたい

  • ねごと なんと2017年2枚目のアルバムを映像作品と同時リリース、約1年ぶりの全国ツアーも決定

    ねごと なんと2017年2枚目のアルバムを映像作品と同時リリース、約1年ぶりの全国ツアーも決定

  • 生まれ変わったねごと、アルバム再現ライブで“やまないビート”を表現

    生まれ変わったねごと、アルバム再現ライブで“やまないビート”を表現

  • ねごと 2マンツアー最終日はパスピエと共演、新曲2曲披露も

    ねごと 2マンツアー最終日はパスピエと共演、新曲2曲披露も

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年4月23日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース