review

夏木マリSNS禁止令、岩田剛典あいさつ禁止令「Vision」完成報告会見がっつりレポ

映画『萌の朱雀』(1997)で、カンヌ国際映画祭カメラドール賞を、『殯(もがり)の森』(2007)でカンヌ映画祭グランプリを獲得している映画監督・河瀬直美。彼女の長編劇映画10作目となる作品が、6月8日(金)に公開される。映画のタイトルはVision

4月26日(木)、この作品の完成報告会見がおこなわれた。登壇したのは、出演者の永瀬正敏、夏木マリ、岩田剛典、美波と、河瀬監督。そして、音楽を担当したジャズピアニストの小曽根真も登場した。
夏木マリSNS禁止令、岩田剛典あいさつ禁止令「Vision」完成報告会見がっつりレポ
後列左から、永瀬正敏、河瀬直美、夏木マリ、小曽根真。前列左から、美波、岩田剛典

500年前に生まれた吉野の森を守る意味


映画の舞台は、山守が深い森を守っている奈良県吉野町。そこへ、紀行文を執筆しているフランスのエッセイスト・ジャンヌ(ジュリエット・ビノシュ)が、通訳兼アシスタントの花(美波)を連れてやってくる。
ジャンヌはその森で、猟犬コウと暮らす山守・智(永瀬正敏)や、千年の時を生きている女性・アキ(夏木マリ)と出会う。ジャンヌが探し求めていたのは、“ビジョン”という名の薬草だった。

山の木々を切り、森の自然を守っている山守である智(とも)を演じた永瀬。前日に初めて試写を見たとのことで「帰ってから心がどんどん震えてきてしまって、結局眠れずに徹夜でここにきました」と興奮冷めやらぬ様子だった。
河瀬監督作品への出演は、『あん』(15)、『光』(17)に続き3作目になる。

永瀬 河瀬監督は、たぶん異次元からいらっしゃったんだと思います。脚本を読ませていただいて、役を生き、役を積んでいく過程で、見ている到達点は監督と一緒だという自信があります。でも、昨日試写を見させていただいたら、監督の目線はそれの遥かに深く、遥かに遠くから見ていらっしゃいました。僕ももっと頑張らなきゃなと思います。

あわせて読みたい

  • 「山田孝之のカンヌ映画祭」の神展開

    「山田孝之のカンヌ映画祭」の神展開

  • 二階堂ふみが何てエロい「蜜のあわれ」

    二階堂ふみが何てエロい「蜜のあわれ」

  • 岩田剛典が可愛い「崖っぷちホテル!」

    岩田剛典が可愛い「崖っぷちホテル!」

  • 「去年の冬、きみと別れ」原作を大胆に

    「去年の冬、きみと別れ」原作を大胆に

  • 気になるキーワード

    1. 音楽 アプリ
    レビューの記事をもっと見る 2018年4月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「音楽 + アプリ」のおすすめ記事

    「音楽 + アプリ」のおすすめ記事をもっと見る

    次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュース

    次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュース

    次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュースをもっと見る

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース