review

キスマイ「○○な人の末路」がジャニーズらしくなくて好感。仮想通貨で億り人になった横尾の苦悩

4月23日深夜、Kis-My-Ft2の派生ユニット「舞祭組(ブサイク)」メンバーが主演のドラマ『○○な人の末路』(日本テレビ系)がスタートした。
この4人が主演を務めるのは『平成舞祭組男』(日本テレビ系)以来、4年ぶり。初回視聴率は同枠歴代2位の3.5%を獲得しており、まずまずのスタートと言えそうだ。

舞祭組メンバーのキャラクターと演じる役柄が似てる


ドラマの原案にあるのは、書籍『宝くじで1億円当たった人の末路』(日経BP社)。
キスマイ「○○な人の末路」がジャニーズらしくなくて好感。仮想通貨で億り人になった横尾の苦悩
「宝くじで1億円当たった人の末路」鈴木信行/日経BP社

「人生で1つの『選択』をした後、どんな『末路』が待ち受けているか」を、著者であり日経ビジネス副編集長の鈴木信行が専門家に取材し、推測した一冊である。

どんなパターンの「選択→末路」を提示しているか? 書名にもなった「宝くじで1億円当たった人の末路」を始めに、「事故物件を借りちゃった人の末路」、「『疲れた。海辺の町でのんびり暮らしたい』と思った人の末路」、「日本一顧客思いのクリーニング店の末路」等をラインナップしている。
上記4件が、今回はそのままドラマ化された。念のため言うが、原案本は小説ではない。あくまでインタビュー集だし、答えているのは当事者じゃなく専門家だったりもする。それらを大胆にもストーリー化したドラマ版の内容は、当然ながら『宝くじで1億円当たった人の末路』とは異なる。書籍を読了した人でもフレッシュに観られるはずだ。

キャスティングに関しては、メンバーそれぞれの個性を尊重している。横尾渉が演じるサラリーマン・戸塚賢太は「仮想通貨で思わず大金を手に入れちゃった人」(お金の入手経路を宝くじから仮想通貨に変え、リアリティを高めた)。千賀健永が演じる劇団員・和田竹雪は「事故物件を借りちゃった人」。二階堂高嗣演じる広告デザイナー・萩原利樹は「『疲れた。海辺の町でのんびり暮らしたい』と思った人」。宮田俊哉演じるクリーニング店店員・真野葉一は「日本一顧客思いのクリーニング店を経営する人」。

あわせて読みたい

  • 「キスマイBUSAIKU!?」に学ぶ恋愛テク

    「キスマイBUSAIKU!?」に学ぶ恋愛テク

  • 「プレバト!!」キスマイ対決横尾と千賀

    「プレバト!!」キスマイ対決横尾と千賀

  • 「anan」「オトコのカラダ」特集を観賞

    「anan」「オトコのカラダ」特集を観賞

  • 恒例「anan」セックス特集を裸にする

    恒例「anan」セックス特集を裸にする

  • レビューの記事をもっと見る 2018年4月30日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース