review

「未解決の女」第2話。波瑠&鈴木京香のバディはいい感じだけど

熱血バカな矢代朋(波瑠)と、文書解読のエキスパート・鳴海理沙(鈴木京香)によるバディが「文字」を手がかりに未解決事件を解決していく「未解決の女・警視庁文書捜査官」(テレビ朝日・木曜21:00~)。

クールビューティーなイメージのある波瑠を熱血刑事に配役したことによって、「人が苦手」な鈴木京香との組み合わせがバランス良く、期待の持てる新シリーズ。

ただ「文字」を手がかりに事件を解決していくというのは、テレビ的に明らかに地味。どんな風に見せていくのか……と思っていたのだが、早くも「文字」での謎解き要素が弱くなってしまった第2話。
「未解決の女」第2話。波瑠&鈴木京香のバディはいい感じだけど
イラストと文/北村ヂン

高岡早紀が闇のオーラを放ちすぎ


今回の事件は、大手IT企業の社長・幸田雅也(戸次重幸)の娘・遙花(畑芽育)誘拐事件。

犯人からの電話で遙花は「かもめ」という謎の言葉を伝えてきたのだが、その言葉から、鳴海はある未解決事件を思い出す。

12年前、坂下菜々美(高岡早紀)の娘・芽以が誘拐された事件だ。この事件の際も、誘拐された芽以が電話で「かもめ」という言葉を伝えてきていたのだ。

高岡早紀がのっけから全身闇のオーラを放っていたせいで、事件の謎はだいたい予想がついてしまったが、この事件は12年前に娘を誘拐された菜々美が、自分の娘を奪い返すために起こした誘拐事件だったのだ。

本当の娘を乳幼児突然死症候群で亡くしてしまった幸田夫妻。特に妻の方はちょっと頭がおかしくなっていたようで、街で見かけた年頃の近い子供・芽以を誘拐し、そのまま「遙花」と名づけて12年間育てていた。

あわせて読みたい

  • 最終回「もみ冬」山田涼介どうすべきか

    最終回「もみ冬」山田涼介どうすべきか

  • 最終回「あなそれ」徹底バカだった美都

    最終回「あなそれ」徹底バカだった美都

  • 大野智右往左往「セカムズ」今夜最終回

    大野智右往左往「セカムズ」今夜最終回

  • 「もみ消して冬」山田涼介加藤諒の真実

    「もみ消して冬」山田涼介加藤諒の真実

  • レビューの記事をもっと見る 2018年5月3日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    未解決の女

    未解決の女

    「未解決の女」レビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース