review

「未解決の女」第2話。波瑠&鈴木京香のバディはいい感じだけど

今回、鳴海の「文字フェチ」力が発揮されたと思われるポイントはふたつ。

・犯人はずっと「子供」と呼んでいたのに、身代金受け渡し時の電話では「娘」と呼んでいたことから、犯人はひとりではなく、協力者がいるということを割り出した。

・幸田家の窓から見える看板「久留米かすり和もめん」の中から、芽以が自分の読める文字(「さかもとめい」という名前に含まれる文字)だけを読み上げたので、「かもめ」という言葉を発したということを突き止めた。

「幸田の娘ではなく、自分の娘だ!」という意識があるので、「娘」ではなく「子供」と呼んでいたという見立てはグッとくるものがあるが、後者に関しては「文書解読のエキスパート」というよりは、単に脳トレが得意な人という感じも。

何より、菜々美が残した遺書から菜々美の居場所を割り出したのが矢代って……。今回、ようやく出てきた文書らしい文書なのに、鳴海は何をやってるのか!

第1話では、殺害された被害者がミステリー小説家だったということもあり、文書を解読する余地が沢山あったのだが、普通の事件で文書が手がかりとなることってそんなにあるのかな? と思っていたが、案の定、「文書解析」要素が薄々に。

残された文書から過去の未解決事件を推理するという切り口は面白いだけに、その要素にマッチした事件をどれだけ起こせるかが今後の鍵になりそうだ。(イラストと文/北村ヂン)

アマゾンプライムにて配信中
U-NEXTにて配信中

あわせて読みたい

  • 最終回「もみ冬」山田涼介どうすべきか

    最終回「もみ冬」山田涼介どうすべきか

  • 最終回「あなそれ」徹底バカだった美都

    最終回「あなそれ」徹底バカだった美都

  • 大野智右往左往「セカムズ」今夜最終回

    大野智右往左往「セカムズ」今夜最終回

  • 「もみ消して冬」山田涼介加藤諒の真実

    「もみ消して冬」山田涼介加藤諒の真実

  • レビューの記事をもっと見る 2018年5月3日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    未解決の女

    未解決の女

    「未解決の女」レビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース