スピルバーグ監督映画出演の森崎ウィン所属のPrizmaXが幕張メッセで熱いステージ

スピルバーグ監督映画出演の森崎ウィン所属のPrizmaXが幕張メッセで熱いステージ
撮影/笹森健一
現在大ヒット公開中のスティーブン・スピルバーグ監督の映画『レディ・プレイヤー1』でメインキャストの1人、ダイトウを演じ注目を集めている森崎ウィン。ミャンマー出身の彼が所属するのが、サイパン、フランス、日本とさまざまな文化的ルーツを持つメンバーが集まった超国際派ダンスボーカルユニット・PrizmaXだ。そんな彼らが5月5日、幕張メッセで行われた『ピーアーク presents bayfm フリマパラダイス』のライブステージに登場した。
 
ウィンが『レディ・プレイヤー1』のワールドプレミアで各国を飛び回っていたため、久々のステージとなるこの日を待ちわびていたホリック(PrizmaXファンの愛称)も多かったことだろう。ひときわ大きな歓声で迎えられた5人は、爽やかなサウンドにのせて夏の恋を歌う「HUG&KISS」でステージをスタート。『レディ・プレイヤー1』では男っぽさのにじみ出る役柄を演じていたウィンだが、この曲では満面の笑みで客席に投げキッスをお見舞いしていく。ハイトーンの歌声を聴かせるウィン、中低音の落ち着いた歌声を聴かせるもう一人のボーカル・黒川ティムのハーモニーもキマっている。
 
続いてイントロで大きな歓声が起こったのは、ウィンが作曲、ティムとラッパーの清水大樹が作詞を手がけた、ホリックにも人気の高い1曲「Three Things」。スムースなサウンドを聴かせる曲なのだが、久々のステージに気分が高揚しているのか、ウィン、ティムが互いに気合いを入れあうようにソウルフルな歌声を聴かせていた。大樹やパフォーマーの島田翼、福本有希も軽快なダンスで魅了する。

あわせて読みたい

  • PrizmaX 最新シングル「yours」英詞バージョンを本日より全世界配信

    PrizmaX 最新シングル「yours」英詞バージョンを本日より全世界配信

  • PrizmaX グループの歴史をたどるツアー最終日にスペシャルな演出

    PrizmaX グループの歴史をたどるツアー最終日にスペシャルな演出

  • 気になるキーワード

    1. 森崎ウィン ミャンマー
    エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年5月5日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「森崎ウィン + ミャンマー」のおすすめ記事

    「森崎ウィン + ミャンマー」のおすすめ記事をもっと見る

    次に読みたい関連記事「片寄涼太」のニュース

    次に読みたい関連記事「片寄涼太」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「吉川晃司」のニュース

    次に読みたい関連記事「吉川晃司」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース