北海道を駆け回る「ゴールデンカムイ」4話。エンジンかかってきた。
アクション、グルメ(キナオハウとにしんそば)、アイヌの風習、自然、変顔、ドタバタ、バイオレンス。
ごちゃまぜが魅力のこの作品のノリを、ほぼ全部詰め込みつつ、テンポのよい展開でまとめている。
多すぎる題材は、キャラクターを表現するネタとして調理されているので、散漫な感じがない。
器用な回だ。

なお原作で人気のカワウソの頭を食べるシーンは、本編には入らなかったが、YouTubeの「ゴールデン道画劇場」でばっちり描かれている。
「ゴールデンカムイ」4話。アシリパさんはまだまだ寂しがり屋のいたいけな子供だ
「ゴールデンカムイ」4巻。砲弾で頭蓋骨の一部が吹っ飛んだため、時折汁が漏れると自称する鶴見中尉。この作品でもトップレベルのヤバいやつ

アイヌ集落の子供たち


序盤はアイヌ集落の生活が描かれている。3話同様に、うんちく満載だ。
アシリパ(リは小文字)と杉元は、エゾハナカジカを獲り、出汁を取った鍋を作る。捕獲から調理、食事の様子まで事細かに出てくるもんだから、深夜の飯テロもいいところ。

3話はアイヌの信仰がメイン。4話はアイヌの子供たちの様子にスポットを当てている。
中でもキサラリ(耳長おばけ。棒を窓の外からちらちら出して、この世のものとは思えない声で脅かす)の部分は、やりすぎなくらい尺をとって、丁寧に表現された。

杉元がアシリパにキサラリを渡されて、アイヌの子供たちを脅すように言われる。杉元は素直に引き受けて、演じようとする。
結果それはへっぽこなものになり、誰も驚かない。
「ひっこめ杉元、恥ずかしい。よこせ、手本を見せてやる」と言って演じたアシリパの声は、まさに「この世のものとは思えない声」で、子供たちは怯え上がってしまう。