FTISLAND ファンとの絆が見えたアリーナツアーを完走 「メッセージは、全部音楽で伝える」

       
FTISLAND ファンとの絆が見えたアリーナツアーを完走 「メッセージは、全部音楽で伝える」
撮影/スズキメグミ

韓国出身の5人組ロックバンドFTISLANDが、5月9日(水)、東京・日本武道館で『FTISLAND Arena Tour 2018 -PLANET BONDS-』を行い、大阪城ホール、日本ガイシホール、武道館2Daysの4公演で30,000人を動員したツアーを完遂した。

昨年、デビュー10周年を迎えたツアーでは「10周年でゼロにリセット、新しい10年をまた作る」と宣言したFTISLAND。今年は新たな気持ちで“絆”をテーマとした新アルバム『PLANET BONDS』の楽曲を核にこれまでにないほど新旧の楽曲を織り交ぜ、「メッセージは、全部音楽で伝える」というファンに向けたラブレターのようなセットリストで臨んだ。

ライブはアルバム『PLANET BONDS』の中で、ボーカルのイ・ホンギがもっとも気に入っている曲として挙げている壮大なイメージの「Golden」で幕開けし、日本1stアルバムに収録されている懐かしい曲「Brand-New days」へ。オープニングから全身全霊のプレイを見せてくれるFTISLANDに、ファンも大きなコーラスの声で応える。

ホンギがセンターステージに移動すると、ボーカル力が冴えるロックバラードのセクションに突入。ベースのジェジンとの2ボーカルで聴かせる「imagine」では<I'm free 想像以上に幸せで>という歌詞が胸に突き刺さる。

「自分の目の前に立ちふさがる高いドアに向かって怒りをぶつける気持ちで歌う」というスピード感と重さが共存するFTISLAND流ロックパートの始まりを告げる「Tornado」は、「イントロを聴くだけでテンションが上がる」というホンギ。ジェジンのベースのリフがフックとなる新曲「GAME」から続いたこの日唯一の韓国楽曲「Take Me Now」では、重いビートの渦に飲み込まれる客席に向かって、ホンギが「みんなの声をもらおう、ソリチラー(叫べ)!」と声をふり絞ると、ファンもサビを全力で一緒に歌い、一体感に包まれた。

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年5月10日の音楽記事

キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。