smadan

オフィス勤務に回帰の流れ?「アクティビティ・ベースド・ワーキング(ABW)」とは何か

社員がワクワクできるABW導入オフィス


場づくりに関するプロジェクトマネジメントとインテリアデザインなど、オフィスづくりのプロフェッショナルである株式会社ディー・サインのオフィスは、ABWの考え方に従い、カウンター席や、大型モニター付きの執務デスク、集中ブースなどのバリエーションある空間が提供されている。

ノートパソコンとモバイル通信機器が社員全員に支給され、リモートワークできるIT環境も整備されているので、オフィスにとどまらず、社外でも仕事ができるようになっているという。その日の自分の業務内容に合わせて、オフィスのスペースを活用したり、ノマドワークしたりと使い分けて仕事を進められるのだ。

不動産サービス大手のシービーアールイー株式会社では、オフィスを移転するにあたり、働き方を綿密に調査して分析した上で、ABWオフィスの導入を決めた。
ゾーンによってデザインが異なる様々な机やカウンターなどが用意され、テレビ会議ができるミーティングラウンジや、防音の電話ブース、ハイカウンターを導入した会議室、会話禁止の集中スペース、カフェラウンジなど、じつに変化のあるオフィス空間になっている。社員がワクワクして働きたくなるオフィスと言える。

株式会社イトーキは、2020年までにやってくる『アシタのオフィス』を実現したオフィスを設け、新しいワークスタイルを社員が実践している。
このオフィスには、ABWを踏まえてイトーキが提唱する「自律性」「組織マインド」「個人の気持ち」という3つのキーワードがこめられているという。
自ら場所を選ぶ働く人自身の「自律性」、働く人たちの方向性を揃えるための「組織マインド」を重視した上で、働く人の「個人の気持ち」を大事にするという、イトーキの考え方がよくわかる空間になっている。

オフィス環境は、企業のあり方そのものを表す


ワークスタイルが自由自在ということは、働き方を自分でデザインするということを表す。
コスト効率や組織のフレキシビリティだけでなく、個人の働き方の自由度に も重きをおいたABWを導入することにより、オフィスの使われ方や、働き方は確実に変化する。たとえば健康観に対する意識なども向上するだろう。
優秀な人材を獲得するためにも、働く環境の整備は重要だ。一日の大半を過ごすオフィスをどのように構築しているかということは、その企業のあり方そのものを表しているとも言える。
ABWによるワークプレイスは、単なる働き方改革の波を越えて、今後のオフィスのあり方のスタンダードになっていくかもしれない。

(アスクル「みんなの仕事場」運営事務局)

あわせて読みたい

  • 日本の平均睡眠時間は28カ国で最短

    日本の平均睡眠時間は28カ国で最短

  • NY レストランをシェアオフィスに

    NY レストランをシェアオフィスに

  • 在宅とサテライト勤務 どちらが便利?

    在宅とサテライト勤務 どちらが便利?

  • インフルエンサー枠に賛否 真意を聞く

    インフルエンサー枠に賛否 真意を聞く

  • スマダンの記事をもっと見る 2018年5月23日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース