現地時間20日、BABYMETALがオハイオ州・コロンバスで開催された『Rock on the Range』に出演した。日本人アーティストとしては初めての2ndステージのトリを務めた。3年ぶりとなる出演に、現地のオーディエンスは大いに盛り上がった。

8日のカンザスシティーから始まったアメリカ南部から中西部をまわる『BABYMETAL WORLD TOUR 2018』では、初めてライブを行う都市も多い中全会場ソールドアウトとなり、のべ1万5千人を超えるオーディエンスを熱狂させた。

METAL RESISTANCE 第7章では、ダークサイドの選ばれし7つのメタルの魂“THE CHOSEN SEVEN”をテーマにした内容で、新曲「Distortion」を始めとする複数の新曲の披露や新衣装、さらにはパフォーマンスも一新したライブを見せているBABYMETAL。『Rock on the Range』では、開演前から会場からはみ出るほどの多くのオーディエンスが集まり、3年ぶりにヘッドライナーとして戻ってきたBABYMETALに期待を寄せていた。

いよいよライブがスタートし、兜を身につけ杖を操るパフォーマンスの「IN THE NAME OF」、そして「Distortion」と新曲を立て続けに披露。「メギツネ」「ギミチョコ!!」「KARATE」と馴染みの楽曲をたたみかけると、クラウドサーフやコールアンドレスポンスも次々と発生し、さらにオーディエンスのテンションがマックスに。堂々としたパフォーマンスを披露し見事にヘッドライナーの役目を果たし、多くのオーディエンスが歓声をあげていた。