review

「半分、青い。」44話。五平餅には宣伝契約期間があったのか

「半分、青い。」44話。五平餅には宣伝契約期間があったのか
「ブラックジャック」キングレコード<br />手塚治虫の代表作の実写版。本木雅弘主演。ピノコが双子で登場した。
連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第8週「助けたい!」第44回5月22日(火)放送より。 
脚本:北川悦吏子 演出:橋爪紳一朗

44話はこんな話


秋風(豊川悦司)に謝罪された鈴愛(永野芽郁)は東京に戻り、メシアシから作画のアシスタントに昇格。
本格的に漫画家の道を歩み出す。

原田知世のテンションが変わってきた


突然帰って来た律(佐藤健)に、ええ〜とおののく和子(原田知世)。
すっかり舞い上がって、初期の頃のおっとり口調は消え、「いいの いいの! すごくいいの」などとトーンが上がっている。
これ、なんか聞いたことある響きと思ったら、「昼顔〜平日午後3時の恋人たち」で上戸彩演じるヒロインが斎藤工演じる不倫相手と一緒に過ごして盛り上がっているときに発した「いい、いい、すごくいい」に似ているのだ(原田知世と上戸彩は口角の感じが似ている)。あれは最高だった。
それはともかく、和子のテンションがへんなのは、律が東京に行ってから精神的に参ってしまったからのようだ。クスリを飲んでいたことを律は知る。気持ちを晴らすためにボクシングをやっているのも、テンションが上がっている理由のひとつかもしれない。

土下座を激写


ネームがあった、戻って来てほしいと頭を下げる秋風、そこに例の、スズメファイト! と煽る劇伴がかかって、なんか来るぞ・・・と身構えたら、案の定、謝罪を写真(使い捨てカメラで)に撮る鈴愛。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年5月23日のレビュー記事
「「半分、青い。」44話。五平餅には宣伝契約期間があったのか」の みんなの反応 8
  • 匿名 通報

    鈴愛の帰郷を「宝くじが当たったみたい」と喜ぶ晴さん。嬉し涙と特上寿司で、律と正人くんをもてなす和子さん。どちらも幸せそうで温かい気持ちになれました。秋風さんは、お土産が五平餅じゃなくて残念でしたね。

    13
  • 匿名さん 通報

    秋風先生、岐阜からの帰りは案内なしのようでしたが、ちゃんと帰れたのでしょうか。梟町で迷子になった秋風先生を想像してにやにやしてしまいました。

    9
  • c 通報

    五平餅のことで、秋風と仙吉の絡みがあるかと思ったら、肩透かしでした(^_^;)

    6
  • 匿名さん 通報

    ~いかにも、80~90年代の男社会だ、と言うところに、またか、と思った。ここに書かれていることは、80~90年代だけのことでも、男社会に特有なことでもない。木俣さん、主観的にすぎるように思う。

    3
  • 江 姫たちの〜 通報

    でしたっけ、トヨエツが信長演ったのは。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

半分、青い。

半分、青い。

NHK「半分、青い。」レビュー記事一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース