MERRY 初のリクエストライブを昭和の歌番組を模した形式で開催、続けて“現代”のMERRYがライブ

MERRY 初のリクエストライブを昭和の歌番組を模した形式で開催、続けて“現代”のMERRYがライブ
撮影/中村卓
5月12日、〈MERRY 2018 二部制LIVE『扇動歌謡祭』一部「【昭和】メリー」二部「【現代】MERRY」〉が東京・恵比寿ザ・ガーデンホールで催された。2月3日の日本青年館以来のワンマン公演となったこの日、MERRYの新たなスタートにふさわしい華やかな趣向を目撃したオーディエンスは、終始興奮と歓喜に満ちた表情を浮かべていた。

〈一部【昭和】メリー〉は、メリー名義で発表されたオリジナル・フル・アルバムの楽曲の中からリクエストを事前受付。このファン投票を元に、ランキング形式での【リクエストライブ】が披露されるという趣向だ。

定刻の午後5時を5分ほど回った頃、開演のブザーが鳴ると、ステージに姿を現したのは司会の女性。メリーのメンバーたちが現れるものだと思っていた場内には、どよめきと微笑が広がっていく。彼女の紹介に導かれて、ガラ(Vo)、結生(Gt)、健一(Gt)、テツ(Ba)、ネロ(Dr)の5人が颯爽と登場すると、昭和の歌番組を模した舞台だということを瞬時に理解したオーディエンスは、彼らに思い思いの大歓声を送る。

「それでは、スタンバイをお願いします!」の司会者の声を合図に、それぞれの配置につくメンバーたち。なんだか非常に斬新な画である。ステージ後方のスクリーンには、1台の古めかしいテレビが映し出されている。その画面の中にリクエスト結果が発表されたり、生演奏中のメリーの姿が映し出されるというニクい演出だ。

あわせて読みたい

  • lynch. 東名阪ツアー完走 「ずっと続いていくバンドでありたい。一緒に歩んでいってください」

    lynch. 東名阪ツアー完走 「ずっと続いていくバンドでありたい。一緒に歩んでいってください」

  • lynch. 幕張ワンマンで完全体に 「5人でここに立てるのを夢見てました」

    lynch. 幕張ワンマンで完全体に 「5人でここに立てるのを夢見てました」

  • lynch.ベース明徳がバンド復帰へ 「自分で空けた穴は、自分で責任を持って埋めます」

    lynch.ベース明徳がバンド復帰へ 「自分で空けた穴は、自分で責任を持って埋めます」

  • lynch.葉月が単独公演  「これは葉月というボーカリストの、楽しい修行です」

    lynch.葉月が単独公演 「これは葉月というボーカリストの、楽しい修行です」

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年5月23日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース