review

二階堂ふみ劇場「西郷どん」19話。昭和の清純派女優のような場面も

       
大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 NHK 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 
第19回「愛加那」5月20日(日)放送  演出:盆子原誠
二階堂ふみ劇場「西郷どん」19話。昭和の清純派女優のような場面も
「西郷どん」後編 (NHK大河ドラマ・ガイド) NHK出版
ガイドムックも2冊目が発売された 

気丈な中にふと溢れる弱さ


安政6年。吉之助が奄美大島に来てから数ヶ月。
19話では、とぅま(二階堂ふみ)と結婚するまでが描かれる。
19話は二階堂ふみの表情に尽きた。
彼女の表情がまさに万華鏡のようにくるくると変わり、見る者の感情を動かしていく。

吉之助(菊池と偽名を使っている)はだいぶ元気になって、農作業をやったり薩摩から届いた米をこどもに食べさせたりしている。
子どもには習字を教え、字をひとつ覚えるごとに暮らしを変えていくという希望を語る。
木の車輪ではなく鉄の車輪にしたら作業も捗るなどと提案もするが、やがて彼がこの島を去ったあとのことを考えて、残る者たちに「夢を見せるのはやめてください」と頼む龍左民(柄本明)。

一方、とぅま(二階堂ふみ)は、海の向こうから「夫」と「災い」がくるとユタ(秋山菜津子)の暗示にハマってすっかり吉之助のことが気になっている。とぅまは薩摩から手紙が来ると辛くなって暴れることを心配して手紙を奪おうとするところはなんとも素朴。女子ぽいといえば女子ぽい。

「民ってヤマトンチュの人たちだけ」と相変わらず言うとぅま。
菊池(吉之助)はいつか薩摩に帰る人だと思って寂しくなるとぅま。
このあたりの二階堂ふみの演技は、気丈な少女がふと弱さを見せる、そのほころぶ瞬間にぐっとくる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「二階堂ふみ劇場「西郷どん」19話。昭和の清純派女優のような場面も」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    >二階堂ふみ  いい女優さんですね❗

    2
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「下町ロケット」のニュース

次に読みたい関連記事「下町ロケット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

西郷どん

西郷どん

『西郷どん』は鈴木亮平や橋本愛らが出演するNHKの大河ドラマ。極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(西郷どん)が、明治維新を成し遂げていく物語。

2018年5月27日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。