高橋優 自発的に曲を作るのは、魂を失ったシンガーになっちゃいそうで怖いから/インタビュー2

 
高橋優 自発的に曲を作るのは、魂を失ったシンガーになっちゃいそうで怖いから/インタビュー2
撮影/キムラタカヒロ

■高橋優/シングル『プライド』インタビュー(2/3)

――インタビュー1より

次はどういうアプローチでやろうって、常に楽しみながらやっている

――「プライド」も含めて、今回のシングルはアコースティック弾き語りの指向も強いと思うんです。

高橋:そこを意識しているんでしょうね。というか自然とそうなっていきます。一番しっくり来る形をやっていった時、アコギの音色が聴こえてきたり、「プライド」で言えばハープの音が聴こえてきたり。「プライド」はツアー中にホテルの部屋で作っていることが多かったんですよ。あまり大きい音を出したら迷惑じゃないですか。だいたい同じフロアに宿泊しているのはバンドのメンバーやスタッフだから、うるせーと思うのは身内かもしれないけど(笑)。でも人に聴かれながら曲作りするのはイヤなので、コソコソ曲作りしてましたね(笑)。カップリング曲のひとつ「メガネツインズのテーマ」は、ツアー中の楽屋で本番前に作りました。

――最近は、曲を作るのに構えることも少ないですか?

高橋:うん、あまりそうしないようにしてますね。「さあ、どうぞ!」って言われて曲作るのはイヤじゃないですか(笑)。お茶を飲む時も「さあ、飲んでください!」って過剰に言われても、ええっ?! てなる(笑)。それよりも自然に飲んじゃっていたい。曲作りも、事務所やレコード会社の人達から「何日が締め切りですから、その時までに私達が設けたハードルを超えてくださいね。いい曲を書いてくださいね。でも時間はないですからね。さあ、作ってください」みたいな(笑)。...続きを読む

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年6月4日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース