HYDE 「危機感が重要なポイント」 シングル『WHO’S GONNA SAVE US』インタビュー

HYDE 「危機感が重要なポイント」 シングル『WHO’S GONNA SAVE US』インタビュー
HYDEが再びソロとして本格的に動き始めた。昨年11月に報じられたVAMPSの活動休止からほとんどインターバルを置くことなく、2本のツアーを発表し、すでにそのうちの1本であるアジアツアー『HYDE ACOUSTIC CONCERT TOUR 2018 - 黒ミサ ASIA - 』では大成功を収めたHYDE。6月29日からはいよいよ国内ツアー『HYDE LIVE 2018』もスタートするが、それに先駆けて6月27日、待望のソロ再始動第一弾シングルが届く。

プロデューサーにニコラス・ファーロング(Nicholas Furlong)を迎えてアメリカにて制作、「WHO'S GONNA SAVE US」とタイトルされた今作は、シンセサイザーとヘヴィロックの融合を具現化させた意欲作にして彼の新境地と呼ぶべき仕上がりだ。名作ホラー映画『シャイニング』のオマージュで話題のMVも必見。さらなる進化を遂げたHYDEと、このニューシングルについて本人にたっぷりと語ってもらった。
(取材・文/本間夕子)

HYDE オフィシャルインタビュー



――ソロとして動き始めて、改めて実感されたことなどありますか。

HYDE:ソロって自由なんだなと思いましたね。自分の考え方にしてもすごくフレキシブルになったというか、VAMPSはVAMPSでフットワーク軽く、やりたいことをやっていたと思うんだけど、いざソロを始めてみると、それでも固定概念に囚われていたんだなって。今となってはなんでもアリ、なんならロックにこだわることもないし、そういう自分をもう一回楽しんでみようかな、と。

――自由さを特に感じるのは、どういうところでしょう。

HYDE:自分の裁量ひとつでいろんなことが決まっていくところかな。例えば今回のシングルを決めるときも、周りのスタッフはみんな他の曲を推していて、この曲がいいって言ったのは僕だけでしたから(笑)。

――それが2018年の第一弾シングルとなる「WHO'S GONNA SAVE US」ですね。なぜ、HYDEさんはこの曲を選んだんです?

HYDE:いや、僕にはこれ以外、考えられなかった。最初からこの曲を第一弾にするって決めてたんですよ。他にも曲はいくつか作っていて、そっちもすごくいいんだけど、周りのみんなは“この曲の良さがわからない”ってぐらいのレベルだったから“マジか!?”と思って。でも、そのときはまだミックスが今の形になる前の段階だったので、僕自身、たしかに気に入ってない部分はあったんです。だったら僕が責任を持って自分の好きな曲にしないとダメだな、と。日本に持ち帰って再構築しよう、と。

あわせて読みたい

  • HYDE クリスマスの『黒ミサ TOKYO』2日間で24,000人を動員「自分の意思を伝えられた」

    HYDE クリスマスの『黒ミサ TOKYO』2日間で24,000人を動員「自分の意思を伝えられた」

  • VAMPS 籠城型ライヴハウスツアーセミファイナルを詳細レポート/ライブレポート・セトリ

    VAMPS 籠城型ライヴハウスツアーセミファイナルを詳細レポート/ライブレポート・セトリ

  • VAMPS グラミー賞受賞のヒットメーカーを迎え2年ぶりとなるシングルリリース/レビュー(動画あり)

    VAMPS グラミー賞受賞のヒットメーカーを迎え2年ぶりとなるシングルリリース/レビュー(動画あり)

  • L’Arc~en~Ciel 25周年ライブ「みんなの今日の笑顔に会うために」/ライブレポート・セトリ

    L’Arc~en~Ciel 25周年ライブ「みんなの今日の笑顔に会うために」/ライブレポート・セトリ

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年6月9日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース